Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の岸田文雄が日銀と緊密に協力して経済政策を推進

東京:岸田文雄首相は月曜日、日本銀行との緊密な関係を築き、致命的な成長を後押しするための投資を奨励することにより、COVID-19によって引き起こされた景気後退から経済を撤退させることを誓った。

岸田文雄氏は、高等経済諮問委員会の会合で、山木和大四郎経済相が来月中期の政策マップを発表する準備ができていることを望んでいると語った。

経済金融政策決定会合(CEFP)は月曜日に、岸田が「新資本主義」と呼ぶものを達成するために、人材、イノベーション、環境、デジタル、新興企業などの分野への投資に焦点を当てたロードマップの概要を発表しました。

岸田文雄の最初の、中世の持続可能な経済・金融政策は、前任者の安倍晋三の反省的政策の下での財政刺激策から、彼が「アフェノミクス」と呼んだものへと徐々に移行することを意味した。

それは、急速に高齢化する人口を支援するために、スノーボーリングを犠牲にして持続可能な社会保障制度の創設を求めています。

11人のメンバーからなるCEFPの4人の民間セクター顧問は、成長と富の分配を推進するために、柔軟な金融政策と大胆な金融政策の組み合わせを提案しました。

世界第3位の経済大国である日本では、政府と日銀の緊密な関係が非常に重要であり、経済経営は非常に低い金利に支えられた資金調達の組み合わせに長年依存してきました。

2013年に黒田東彦日銀総裁が就任して以来、両者の関係は改善しています。

会議では、鈴木俊一財務相の金融政策諮問委​​員会は、新債券の販売と信用サービスを除いて、2025年までに一次財政黒字を達成するというとらえどころのない目標を守るよう政府に促した。

同グループは、「貿易赤字が続く可能性があり、円に対する市場の信頼がこれまで以上に疑わしいため、財政改革の目標が後退した場合、信頼を失うリスクが高い」と述べた。

(田中哲司による報告、スキヤマケンタロウによる追加報告、フィリッパ・フレッチャーとフランク・ジャック・ダニエルによる編集)

READ  混血アスリートは、日本社会の幅広い進歩を反映しています