Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の岸田文雄首相がウクライナでの敵対行為の停止を要求

日本の岸田文雄首相は土曜日(4月30日)、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領との会談で、ウクライナでの敵対行為の停止を求めた。

岸田文雄は、東南アジアを巡回し、この地域で高まる中国の傾向に対抗し、ウクライナ危機への地域の対応について話し合っています。

同氏は記者団に対し、「東シナ海と南シナ海での現状の一方的な変化に強い反対を表明した」と述べた。

「力と脅迫の使用による主権と領土保全への侵害、および一方的に力によって現状を変えようとする試みは、どの地域でも受け入れられない」と彼は述べた。

ウィドド氏は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領を11月のG20サミットに招待したことを確認した。

これに対し、ホワイトハウス報道官のジェン・サキ氏は、「大統領は、プーチン大統領のG20への出席に反対を表明した。ウクライナ人の出席を歓迎した」と述べた。

「私たちは、(ロシアが)公的および私的にその一部であるべきだとは思わないという私たちの見解を伝えた」と彼女は記者団に語った。

また読む| ウクライナ戦争は10年続く可能性があり、プーチンは「絶望的な悪党」:英国外務大臣リズ・トラス

国務省の副スポークスウーマン、ガリーナ・ポーターによると、「米国は、ロシアの国際社会や国際機関との関わりに関して、物事がいつものように進むことはできないと信じ続けている」と語った。

一方、クレムリンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフ氏は、「現時点では、ロシアの参加方法を発表するのは時期尚早だ」と述べた。

日本はアジアで唯一、グループ・オブ・セブン(G7)のメンバーであり、当局は、ロシアのウクライナ侵攻について協議を行い、東南アジアでの対応を統一することを望んでいると述べています。モスクワ。

岸田文雄は来月、インド、オーストラリア、米国との地域安全保障に関する協議のために、カルテット安全保障対話を主催する。

WIONの生放送を見る:

(代理店からの入力あり)

READ  岸田首相は、列の中で日本の韓国との関係の安定が重要であると述べた