Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の岸田氏は、来月日銀の新しい議長を指名すると述べた

梶本哲史 著

[東京 29日 ロイター] – 日本の岸田文夫首相は日曜日、日銀がハト派の黒田東彦氏が追求する超低金利政策を変更するかどうか市場が試される中、来月日本銀行の新総裁を指名すると述べた。

岸田氏は当初、東京のテレビ番組で、4月の経済状況を見て黒田氏の後任を決めると語ったが、圧力をかけられると、「議会のスケジュールを見て」2月になる可能性が高いことを認めた.

彼は詳しく説明しませんでした。

4月8日で5年の任期が終了する黒田総裁は、インフレ率が41年ぶりの高水準に達し、日銀が目標を2倍に引き上げ、各国の中央銀行が利上げを行ったにもかかわらず、物価上昇と成長を促すことを目的とした政策に固執してきた。 .

黒田議員2名は3月19日で任期満了。 3 つの指名はすべて、議会の両院で承認される必要があります。

日銀は水曜日、超緩和的な政策を堅持し、最近10年物国債利回りの上限を破ろうとした投資家に逆らいました。 しかし、黒田氏は賃金上昇について楽観的に見えるが、日銀が今年拡張実験を終了するとの期待が高まっている。

先週のテストは、日銀が 12 月に利回りの目標範囲を 0.5% から 0.5% まで倍増するという驚くべき決定を下した直後に行われました。

中央銀行と政府の間の政策協定の変更についての憶測もあり、日銀は 2% のインフレ目標をできるだけ早く達成することを約束しています。

岸田氏は、協定の修正が必要かどうかについてコメントするのは時期尚早だと述べたが、政府と日銀が協力して「構造的な賃金上昇を含む経済成長を達成する」という「基本的な立場」に変更はないと述べた。そして、一般的に物価安定の目標を達成することです。「安定的で持続可能な」。

(梶本哲史による報告、ウィリアム・マラードによる編集)

READ  Elden Ringは、ヨーロッパ、アメリカ、日本のチャートの成功後、世界で1,200万の売上を達成しました。