Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の岸田首相は、「グローバル・サウス」にアピールするために、アフリカとのより緊密な関係を模索している

日本の岸田首相は、「グローバル・サウス」にアピールするために、アフリカとのより緊密な関係を模索している

[東京 4日 ロイター] – 日本の岸田文夫首相は木曜日、来るべき7か国(G7)首脳会議に先立ち、「グローバル・サウス」を勝ち取ることを目指しており、日本とアフリカの関係がより緊密になることを望んでいると述べた。 今月後半。

岸田外務大臣は、日本はG7先進国と発展途上国の間の仲介者として行動し、エネルギーや食料安全保障などの分野でG7から具体的な協力を提供したいと述べた.

「いわゆるグローバル・サウスの多くの国は、食料やエネルギーの高騰に苦しんでいる。この問題の原因は、ウクライナに対するロシアの攻撃にあるにちがいない」と、岸田氏は日本のNHKテレビで生中継された記者会見で語った。 モザンビークの首都マプトを訪問。

「しかし、これがロシアに対するG7制裁によって引き起こされたという誤った印象を通じて、世界を分断しようとする試みがある」と岸田氏は付け加えたが、誰がそうした試みをしたのかは明らかにしなかった.

岸田氏は 5 月 19 ~ 21 日の G7 サミットを彼の選挙区である広島で開催する予定であり、首脳陣はウクライナでのロシアの戦争や中国と台湾をめぐる地域の緊張に直面して法の支配の重要性を強調することが期待されている。

岸田は、日曜日に始まり、金曜日にシンガポールに立ち寄る旅行の一環として、エジプト、ガーナ、ケニアを訪れた後、マプトにいました。

取材・村上さくら、編集・Mark Heinrich

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  新型コロナウイルスによる4つの生活への変化