Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の岸田首相は、福島の新しい研究施設への支援を約束した

岸田文夫首相は、東北日本の新しい科学技術研究施設に対する政府の全面的な支援を約束した。 岸田氏は、この研究所を技術の進歩、産業競争力、災害復興の拠点にしたいと述べています。

岸田氏は土曜日、福島県浪見町にある福島県総合研究所の開所式で講演した。 この州は、2011 年の地震、津波、原子力災害によって大きな打撃を受けました。

政府は、高度な研究開発のための研究所を設立し、原子炉の廃止措置に従事する人員を訓練しました。

研究所は、今後7年間で研究グループの数を約50に増やすことを目指しています。 彼らは、ロボット工学、放射線学、原子力災害に関連する研究を含む5つの分野をカバーします。

岸田氏は、同社が福島と東北地方全体の夢と希望になることを目指していると語った。 これは、日本の科学技術力と産業競争力を強化するのに役立つ創造的なイノベーションの重要なプラットフォームとなるように設計されている、と彼は述べた。

岸田氏は、研究所が国内外から数百人の才能ある研究者を受け入れる世界をリードする研究センターに成長することを望んでいると語った.

READ  日本と中国は1年以上食品輸入禁止について協議を行っていない