Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の工場の生産高は増加しており、雇用の可用性はほぼ1年の高さです

コロナウイルスの発生(ゴビット-19)が発生した川崎では、新たな安全衛生対策により本格稼働を再開したため、安全マスクやフェイスガードを着用した従業員が自動車組立ラインで働いています。 ドイツのダイムラーAGが所有する三菱ふそうトラックバス株式会社の工場は、2020年5月18日に東京の川崎にあります。

東京(ロイター)-日本の工場生産高は6月に戻り、雇用は1年ぶりの高水準に上昇した、データが示すように、外需が消費の蔓延を相殺した。

しかし、1年前の6月の小売売上高はほぼ横ばいであり、世界第3位の経済の回復は他の先進国よりも遅いことを示唆しています。

東京がオリンピックを主催するにつれ、混合量のデータがコロナウイルス感染の増加を示したため、首都は緊急制限を課しました。

改正された規制は、前四半期の景気低迷に続く7月から9月の成長の力強い回復に対する政策立案者の信頼を打ち砕きました。

5月の6.5%の減少の後、6月の工業生産は前月から6.2%増加しました。データは金曜日に5.0%の利益の平均市場予測と比較して示しました。

個人データ日本の求職者比率は5月の1.09から1.13に上昇し、市場の推定値である1.10を上回った。 5月の失業率は3.0%から2.9%に低下しました。

消費の弱さを強調するデータは、小売売上高が前年の6月にわずか0.1%増加したことを示しています。これに対して、利益の平均市場予測は0.2%です。

日本経済は1月から3月にかけて前年比3.9%縮小し、第2四半期のエピデミックサービス支出に影響を及ぼしました。

金子香織と木原ライカによる報告。 スキヤマケンタロウと山口貴也による追加レポート

READ  日本製の人工スパイダーシルクがカーシート用のコートを織り上げています