Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の工場活動は3か月連続で減少傾向に

東京(ロイター) – 企業の調査によると、火曜日の日本の製造業活動は、世界的な見通しが悪化する中で輸出が引き続き弱いため、1月に3か月連続で縮小した.

auじぶん銀行速報 日本の製造業購買担当者指数 (PMI) は、1 月に季節調整済みで 48.9 で、前月の最終値から変化がありませんでした。

工場の活動の低迷は、今後数か月の主要な賃金交渉が、41 年前のインフレによる消費者への圧力を相殺して、脆弱なパンデミック後の回復を維持するのに役立つという政策立案者の希望を曇らせます。

指数は、12月の最終値が26か月で最も速い下落を記録した後、3か月連続で縮小と拡大を分ける50ラインを下回りました。

サブインデックスのデータは、先月​​よりもペースは遅いものの、工場生産と新規注文が7か月連続で減少したことを示しています。

先週のロイター短観の世論調査では、海外情勢の悪化と生活費の上昇の中で、主要な日本の企業の景況感が2年ぶりにマイナスの数値を示した.

対照的に、サービス部門の活動は、観光ブームと COVID-19 制限の緩和のおかげで、5 か月連続で成長を伸ばしました。

Bank auじぶんの1月のサービスPMIは、前月の51.1から52.4に上昇し、3か月ぶりの高値を記録した。

調査をまとめたS&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのエコノミスト、ローラ・デンマン氏は「過去6カ月のほとんどで記録された傾向と同様に、製造業とサービス業の間で格差が残っている」と述べた。

しかし、見通しについては、サービス事業者はそれほど楽観的ではなく、ビジネスセンチメントのサブインデックスは 24 か月ぶりの低水準に達しました。 インプット価格は過去 2 か月よりも速いペースで上昇しましたが、アウトプット価格のインフレ率は 5 か月で最も低く、収益性を圧迫しました。

全体として、日本のauじぶん銀行フラッシュ総合購買担当者指数は、1月に50.8に上昇し、先月の49.7から上昇し、3か月ぶりに50の損益分岐点を超えました。

(取材:小宮勘太郎、編集:サム・ホームズ)

READ  中国の飽くなき贅沢な需要は、特別な航路、経済ニュース、そして最も重要なニュースを手に入れます