Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の工場生産は再び減少し、小売売上高は脆弱な回復の中で増加しました

萩本哲史脚本の作品

東京(ロイター)-日本の工場生産は3月に2ヶ月連続で減少する可能性が高い、と金曜日のロイターの世論調査は示したが、小売売上高は前月の減少から力強い回復に向かっており、コロナウイルス危機からの脆弱な回復を確認している。

混合指標グループは、4月25日から5月11日まで東京と他の主要地域で第三次非常事態宣言を発令する政府の動きに続き、サービス部門の活動に打撃を与え、二番底の景気後退の恐れを高めます。

新たな非常事態下では、政府は、アルコール飲料を提供するレストラン、バー、カラオケラウンジ、スーパーマーケット、その他の大手小売店の閉鎖を要求することが予想されます。

ロイターの調査によると、4月30日午前8時50分(グリニッジ標準時2350年4月29日)に発表された産業省のデータによると、3月の工場生産は前月に1.3%減少した後、前月比で2.0%減少した。 18経済的に。

それは、自動車や電子機器の世界的な需要に牽引された景気回復の主要な推進力と見なされている工場の活動に対する懸念を引き起こすはずです。 世界的なチップ不足により、見通しは影を落としています。

ノルンシュケン研究所のチーフエコノミスト、南猛氏は、「情報や資本財に牽引されて設備投資への意欲が高まる中、自動車メーカーはチップ不足のために生産を制限せざるを得なくなっている」と語った。

「工場生産は前向きに振れると予想されます。」

4月28日午前8時50分(グリニッジ標準時2350年4月27日)に同省が発表した別のデータによると、3月の小売売上高は2月の1.5%減から4.7%増になりました。今年初めに施行されたCOVID制限のうち、ロイターの調査が示した。

しかし、アナリストによると、新たな緊急事態はサービス部門に大きな打撃を与える可能性があり、来週から5月初旬までの黄金週の休暇中に小売業者が閉鎖する必要がある場合、日本は再び不況に陥る可能性があります。

デフレ復帰のリスクを浮き彫りにするため、4月の首都圏のコア消費者物価は、携帯電話の充電料金の下落圧力にもかかわらず、前月は0.1%下落したものの、前年同月比で安定すると見込まれます。

3月の就職率と失業率はそれぞれ1.09%と2.9%で安定していると思われますが、Covidの住宅需要への打撃の兆候として、住宅着工数は3月までの1年間で7.4%減少すると予想されます。

東京の消費者物価指数と雇用データは4月30日午前8時30分(グリニッジ標準時2330年4月29日)に公開され、住宅着工データは午後2時(グリニッジ標準時4月30日0500時)に公開されます。

(萩本哲史作成、リチャード・ボリン編集)

READ  アンソニー・ジョシュア対タイソン・フューリー:「ビジネスマン、スパルタン、チーズ、ひびの入った卵」