Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の工場生産は自動車生産削減の不振を拡大する

東京(ロイター)-アジアの他の場所でのCOVID-19の噴火により、すでに慢性的なチップ不足に直面している自動車メーカーのサプライチェーンが遮断されたため、日本の産業生産高は8月に2度目の減少となった。

写真

木曜日の別のデータによると、コロナウイルスの不況の中で家計がコストを削減したため、8月の小売売上高は6か月ぶりに減少し、消費者心理の低迷を示しています。

データによると、日本経済は今四半期も引き続き苦戦しており、11月下旬の総選挙に先立って水曜日の与党指導者投票で勝利した岸田文雄首相に差し迫った挑戦を投げかけている。

木曜日の公式データによると、8月の工場生産は前月比3.2%減少し、自動車と電子機器の生産が落ち込み、7月に1.5%減少した後、2年連続の縮小を示した。

減少は、エコノミストのロイターが予測した0.5%の秋の予測よりも大きかった。

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業などの日本の大手自動車メーカーは、部品不足のため、8月末から減産に直面していると業界ロビーは今月初めに警告した。

「自動車の減産は、工場が閉鎖されたときに供給を減らす必要がある他の多くの関連セクターに影響を及ぼしました」と、ノリンチュク研究所のチーフエコノミストである南武氏は述べています。 「日本の流行からの回復には、他の国に比べて長い時間がかかるでしょう。」

政府が調査したメーカーは、9月に0.2%、10月に6.8%の増産を見込んでいるが、政府の説明によると、自動車の減産をめぐる不透明感から、大胆な予測には「大きなマイナスリスク」が含まれている。

政府は2020年4月以来初めて工業生産の見積もりを「停止」したとして引き下げた。

アナリストは、世界で3番目に大きい経済が今四半期に年率1.2%で成長し、他の先進国よりもはるかに弱い成長であり、ストップココロナウイルスの制御が個人消費に打撃を与えると予想しています。

南氏は、8月の生産と消費が予想を下回ったことから、「日本の7月から9月のGDPは現在ゼロ成長に近づいている」と述べた。

木曜日の個々の政府のデータは、小売売上高が予想よりも弱く、家電製品と衣料品に牽引されて、8月には前年比3.2%減少したことを示しました。

これは6か月ぶりの減少であり、1.0%の減少という平均的な市場予測を上回っています。

日本は今週初めに小売売上高が予想よりも悪化し、木曜日までにすべての地域でコロナウイルス対策を強化したことで、Govt-19の症例が急減し、人口の約60%が完全にワクチン接種されたと述べた。

前月と比較して、小売売上高は季節的に4.1%減少しました。

近藤喜文とタグモトヨシフミによる報告。 DanielLeucinkとSamHolmesによる編集

READ  ウイルススパイクは日本の首相にインド旅行をキャンセルさせる