Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の市はCOVID-19ワクチンに津波のレッスンを使用しています

林民生さん(77)は、日本全国でCOVID-19ワクチンを登録するために設置されたインターネットにアクセスできるかどうか疑問に思いました。

彼は、「厄介な」システムを使用して日本の予防接種の推進を阻止し、他の高齢者を解散させ、混乱を引き起こすという考えを嫌っていました。

幸いなことに、彼の小さな北東部の都市の地方自治体は、官僚的形式主義で彼を助け、彼は彼のショットを手に入れました-当局が夏季オリンピックの開始から6週間以内に脆弱な高齢者にワクチン接種するために競っている日本では珍しいです。

林氏は、地元の体育館で妻と二度目の学位を取得した後、ロイターに「この方法が最善だ」と語った。 「このような日に来るという通知が届きます。」

東京の北240キロ(150マイル)にある相馬は、2011年の地震と津波で壊滅的な打撃を受け、10年前の災害から学んだ教訓を観察することで、全国の多くの地域でワクチン接種を進めてきました。

日本は、国民への予防接種において他の先進国に大きく遅れをとっています。ロイターの追跡者によると、日本は少なくとも12%の予防接種を受けており、7つの産業大国のグループで42%、最も先進国であるカナダの63%がそれに続きます。 。

相馬のペースの速い国内アプローチは、予約方法や日本全体での細分化された取り組みを回避します。 市は現在、全国の約28%ではなく84%の高齢者を若い世代に注入しており、オリンピックだけでなく、7月末までに16歳に達することを目指しています。

菅義偉首相は、7月までに日本の高齢者に、11月までにすべての成人に完全に予防接種をしたいと考えています。 しかし、これにより、ピークはこれまでの70万回のピークから1日あたり100万回以上に増加します。

相馬の成功の一部は、人口が35,000人と少ないことです。これにより、大都市部に医療スタッフを配置するよりも、太平洋岸の福島県の都市に簡単に移動できます。

津波の苦痛な教訓により、市内を4 km(2.5マイル)内陸に移動したときに450人が死亡したため、この都市は日本の多くの不在下でも成功しています。

「人々が集まっている」

阿部勝弘副市長は、この災害により、相馬氏は明確な計画を立て、コミュニケーションを取り、地元の医療専門家と緊密に協力し、被災者を集中地域に集めることの重要性を学びました。

「地震災害がなければ、これはできなかったと言えるかどうかわかりません」と安倍首相は語った。 「しかし、この予防接種プログラムは市政府の経験と密接に関連しており、人々はこの10年間それに対処してきました。」

日本は多くの国で見られる膨大なCOVID-19の症例数と死亡を避けましたが、2月中旬のワクチン接種の開始は、はるかに遅れて輸入されたワクチンの不足によって妨げられました。

その後、予約システムが壊れたり、シーンを好む高齢者が混乱したりして、配布に一貫性がなくなりました。

相馬の指導者と医師は、ワクチンが承認されるわずか数か月前の12月に、2011年のレッスンの作成、計画の作成、予防接種の実施を開始しました。

市は、医療従事者を保護するために医療予防接種センターを設置しました。 住民は街区から召喚され、予約は不要で、市は一人で旅行できない人々にバスを送りました。

相馬に一生住んでいる安倍氏は、前回の災害後、相馬の隣人はお互いを見ることができ、市当局は事務作業から危機管理にギアをシフトしていたと述べた。

街の人々は待合室や上映会に立ち寄り、共有エリアに立ち寄って意見を求めます。

一部の高齢患者がショットのために左または右に曲がるように頼まれたとき、スタッフは壁に漫画のポスターでアップグレードしました:右手に針を持ってバニーに向かい、左手でそれを手に入れるために犬の側に向きを変えます。

キングスカレッジロンドンの人口健康研究所の所長を辞任し、相馬のGovt-19ワクチンドライブを運営した渋谷健二氏は、「この戦略は、すべての地域の文化と環境に適合するために必要である」と述べた。

「これは戦争だ」と、日本の流行を絶えず批判している渋谷は言った。

政府ができる最善のことは、ワクチンと物資を自治体に定期的に提供することです。残りは地面に置いておきます。

私たちの基準: トムソンロイター財団の原則。

READ  「豊富な才能」を見て、安倍首相は日本の首相候補のリストを浮かび上がらせる