Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の幻覚映画:今見るべきカルト映画 7 本

日本の幻覚映画:今見るべきカルト映画 7 本

パプリカ(今敏、2006)

バンから出てくる虹色のピエロが視聴者に「グレイテスト・ショータイム」を告げるシーンから始まるのだから、SFミステリーが展開されるのも不思議ではない。 赤唐辛子 それは論理を無視した荒々しい光景だ。

近未来を舞台にしたこの映画は、眠っているサイコパスのビジョンと対話できるようにする「私たちの夢への扉を開く」装置を開発した悪党の科学者を追っています。 そのうちの 1 人は、非常に長い廊下で銃撃事件を目撃するものの、犯人を捕まえることができないという悪夢を繰り返し見る刑事です。 一方、第三者が夢の世界に大混乱をもたらしています。 そうするうちに、空想と現実が融合し始めます。

これは、理解するのが最も簡単な物語ではありませんが、偉大な今 敏による 4 番目で最後の長編です (パーフェクトブルー)にもかかわらず、それは知性の驚異です。 鮮やかで芸術的な色彩で細心の注意を払ってアニメーション化された、緻密で息を呑むような世界を備えたこの映画は、2006 年にヴェネツィアの金獅子賞にノミネートされました。4 年後、クリストファー・ノーラン監督の映画が公開されたとき、ハリウッドの伝統が大幅にお世辞であることが証明されました。 。 始まり プロットと重要なシーンの多くを再利用して、西側諸国でより大きな成功を収めました。

表示場所 チャールズ皇太子の映画館ロンドン:4月27日、5月15日、5月31日

READ  アスレチックでカリスマ性のある和太鼓グループが初のUGA Presentsを開催