Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の強い地震は2人を殺し、100人以上を負傷させました。

マグニチュード7.4の大地震が水曜日遅くに日本の北東海岸を襲い、2人が死亡、107人が負傷し、2011年の壊滅的な津波の記憶が蘇りました。

東京では地震が非常に強く感じられたため、建物が1分以上揺れました。 NHKによると、96人の乗客を乗せた高速列車が脱線したが、負傷者は報告されていない。

最初の地震の後には強い余震が続き、国の気象庁は今後数日間でさらに震えが発生することを警告しました。

トヨタ、日産、チップメーカーのルネサスなどの企業は、この地域の工場での作業を停止せざるを得ませんでした。

地震は現地時間の午後11時36分に発生し、11年前にマグニチュード9.0の地震に見舞われた福島第一原子力発電所の不自由な地域を含む沿岸地域に津波警報が発令されました。 この地震は大津波を引き起こし、2万人近くが死亡し、原子力発電所周辺から大量の避難が発生しました。

しかし、気象庁は、水曜日の地震が海面下約60キロメートルを襲った後、わずか20センチメートル以下の津波を報告しました。 津波警報は解除されました。

福島第一原子力発電所を運営している東京電力は、放射性レベルの異常は検出されていないと述べた。 同社によれば、操業停止中の原子炉の1つを収容する建物で火災警報器が鳴り、故障していることが判明したという。

地震で停止した近くの福島第一原子力発電所の2基の原子炉の燃料棒を冷却することができたポンプが再起動されたと付け加えた。

直後、救急隊は人々に海岸や河口から離れるように命じ、海のすぐ近くにいる人々は高台を探すべきだと言った。

「2つの震えがありました。1つ目はそれほど悪くはありませんでしたが、2つ目は非常に強かったです」と市内で中小企業を経営する福島の住民である渡辺博子は地震直後にフィナンシャルタイムズに語った。近所の停電と私の家は真っ暗です。 明日の朝までに直してほしい」と語った。

日本北部の仙台市の退職者である大橋由美子氏は、この揺れにより多くの品物が棚から落ちたと語った。 近所の人が通りに集まり始めました。 「ここでは誰もが元気だと思います。残念ながら、私たちはこれに慣れています」と彼女は言いました。

東京都心部で停電が発生し、地震直後に消防車がサイレンを鳴らしながら街を歩き回っていました。 地元の電力会社によると、木曜日の朝、東北地方の10万人近くの人々がまだ電力を失っていたという。

岸田文雄首相は、政府は「状況を理解するための努力に注力し、被害者に地方自治体とともに支援を提供し、人々に情報を提供することに焦点を合わせている」と述べた。

政府は緊急対応事務所を設立した。 岸田文雄は、情報を収集し、負傷者を支援し、地震の影響を受けた人々に対応するための努力を惜しまないように当局に指示した。

地震の強さは、最初は7.3で報告され、その後7.4に更新されました。

木曜日に当局は4人が死亡したと述べたが、死者のうち2人が地震によるものではないことが明らかになった後、それは修正された。

READ  新しいオミクロンBA.4およびBA.5の症例が英国全体で増加すると説明されている最新のCovid症状