Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の強盗の首謀者はフィリピンにいる可能性:証拠

この2023年1月20日の写真は、大塩絹代の遺体が発見された東京郊外の米の住宅を示しています。 (毎日/岩崎歩)

東京 (京都府) — 昨年から日本中で相次いで発生している強盗事件の首謀者と考えられている男が、フィリピンにいる可能性があると、調査筋が水曜日に述べた。

男はオンライングループに強盗を実行するように指示したと考えられており、木曜日に東京郊外の米市の自宅で90歳の大塩絹代の遺体が発見された.

その人物は、ソーシャルメディアで自分自身を「ルフィ」と呼んでいるようで、強盗団に人々を募集する責任があると考えられている.

警視庁は、強盗の捜査に加えて、東日本の関東地方、西日本の広島県と山口県での事件の指揮系統を調べています。

土曜日、東京都中野区のアパートでの昨年12月の強盗事件に関連して、暴力団員の永田陸人容疑者が逮捕されました。

永田容疑者(21 歳)の携帯電話には、ゴメ事件の首謀者とされる人物から、暗号化されたメッセージ アプリのテレグラムを使用してメッセージが届いていることがわかりました。

東京都足立区での不審車両の通報を受け、警察は大塩容疑者の自宅近くで逃走車と同じナンバープレートのレンタカーを発見。 翌日、警察は現場近くにいた永田容疑者を逮捕した。

レンタカー内のスマートフォンのメッセージには、足立区のいくつかの住所と「Gome」という参照が記載されており、その地域のグループのメンバーが他の攻撃を計画していたことを示唆しています。

大塩さんの自宅から盗まれたとみられる高級ブランド時計も車内から見つかった。

READ  日本のデフレ心理学を破る-OMFIF