Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の当局は、天津とオリンピックの契約に関して刑事告訴を求めている

日本の当局は、天津とオリンピックの契約に関して刑事告訴を求めている

[東京 28日 ロイター] – 日本の公正取引委員会は火曜日、天津(4324.T)と他の広告会社5社、個人7人に対し、2020年東京五輪の契約を不正に操作した疑いで刑事告訴したと発表した。

この訴状は、パンデミックによる延期の後、2021年に行われた東京オリンピックとパラリンピックの計画とスポンサーシップにおける汚職疑惑に関する数か月にわたる調査の最新の展開を示しています。

公正取引委員会の奥村浩捜査官は記者会見で、「これは、人々の生活に広範囲に影響を与える悪意のある深刻な事件であると判断した.

訴状には、博報堂DYホールディングス(2433.T)、東急エージェンシー、フジクリエイティブ、セレスポ(9625.T)、セイムツーなどの名前が挙がっている。

検察は今月、東京五輪の元組織委員会関係者と電通などの幹部を、2018年大会のテストイベントの入札を不正に操作した疑いで逮捕した。

最新のアップデート

あと2話見る

電通、セレスポ、フジクリエイティブは、すでに9か月間、産業省、外務省、文部省で契約の入札を禁止されています.

談合事件は、東京 2020 オリンピック委員会の元メンバーであり、それ以前は天津の幹部だった高橋晴行氏が昨年、オリンピック スポンサーから賄賂を受け取った疑いで逮捕された贈収賄スキャンダルに続くものです。

広告会社のADKホールディングス、ビジネススーツのアオキホールディングス(8214.T)、出版社のカドカワ(9468.T)の幹部も贈収賄事件に関連して逮捕された。

つきやまさとしによるレポート。 Sang-Ron Kim と Edwina Gibbs による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ジャーナリストの批判-この日本のドラマの政府は私たちよりも腐敗していますか? | 演奏する