Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の当局は養子縁組の取り決めについて旧統一教会に尋問している

日本の中央政府と東京都は、以前は統一教会として知られていた宗教団体に養子縁組の取り決めについて問い合わせの手紙を送った。

旧統一教会は、子供のいない信者が他のメンバーの子供を養子にすることを許可することを推奨しています. 組織によると、1981 年以来、グループ内の子供を含む 745 件の養子縁組が行われています。

検察官は、両親の信仰に基づいて養子縁組されたと主張する一部の信者の子供たちと相談したと述べています.

一部の専門家は、無断で養子縁組を行うことは養子縁組あっせん法に違反すると主張する。

厚生労働省と東京都は、グループの採用プロセスを調査しています。 彼らは火曜日に東京の本社に問い合わせの手紙を送った。

彼らは理事会に対し、どのような養子縁組手続きが取られているか、理事会がどのように養子縁組のプロセスに関与しているか、養子縁組記録がどのように提出されているかを明確にするよう求めています。 手順は、グループの出版物に概説されています。

当局は委員会に対し、12 月 5 日までに回答を提出するよう求めた。

法律違反が確認されれば、必要な対策を検討するとしている。

READ  日本政府は、アフガニスタンの難民とパキスタンのホストコミュニティへの人道支援を拡大しています。