Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の心理学者グループがウクライナの避難者を支援しています

ロシアの軍事作戦開始以来、1,000人以上がウクライナから日本に避難している。 海外での生活に順応するのに苦労し、メンタルヘルスの問題に取り組んでいる人もいます。 日本の心理学者のグループは、それらの避難者を助けるためにホットラインを立ち上げました。

日本臨床心理士協会は6月1日からサービスの提供を開始しました。 ホットラインに電話する人は、ウクライナ語、ロシア語、英語、または日本語で心理学者とコミュニケーションをとることができます。

奥村麻理子はグループの専務取締役です。 彼女は、避難者が日本に到着する前に課題に直面したと説明した。 多くの人が自分たちの命が危険にさらされていると感じました。
一部の人々は、愛する人をウクライナに残すことを余儀なくされました。

奥村氏はまた、避難者は日本で新たな困難に直面していると述べた。 彼らは完全に異なるライフスタイルに適応しなければなりません。 ロシアの侵略は続いており、避難者の多くはいつ帰国できるかわからない。

「私たちのサービスはあまり役に立たない。しかし、避難者が自分たちの懸念が理解される場所があると感じてくれることを願っている」とCEOは付け加えた。

ホットラインは、現地時間の水曜日の午前10時から午後2時までご利用いただけます。 グループによると、セッションには約30分かかります。 避難者を支援する人もホットラインを利用できます。 グループは、心理学者に相談したいと思う人もいるかもしれないと言います。 このサービスは、日本国内のみを対象としています。

電話番号は03-3813-9990です。

READ  NASAのアルテミス1号のミッションで、月の周りにあなたの名前を無料で飛ばしてください