Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の忍者戦士障害物競走が2028年のオリンピック競技となる

日本の忍者戦士障害物競走が2028年のオリンピック競技となる

141 国際オリンピック委員会 (IOC) が正式に 発表する 10月16日の総会で、日本のリアリティスポーツ番組『SASUKE』を題材にした障害物コース競技が、2028年ロサンゼルスオリンピックの競技種目に組み込まれることが決まった。 サスケ障害物競走は、東京2020大会での動物虐待疑惑を受けて、これまでの馬術競技に代わって近代五種の5競技の1つとなる。

『SASUKE』は、東京放送 (TBS) とスポーツ エンターテインメント制作会社 Monster9 が元々制作した、長寿の日本のスポーツ リアリティ障害コース ゲーム番組です。 『SASUKE』は 1997 年に初めて放送され、エキサイティングで挑戦的な障害物、運動競技者、定期的に出演する有名人により視聴者の間で人気を博しました。 サスケの挑戦的な障害物は非常に人気があり、いくつかの国がテレビ番組「Ninja Warrior」の独自バージョンを制作し、ゲームの人気が世界中に広がりました。

日本のテレビ形式では、出場者はまず最初のトライアルトーナメントで競い合い、その間に出場者の数は100人にまで絞り込まれます。 これら 100 人の競技者は、一連の挑戦的なトレーニング コースを乗り越えなければなりません。競技が続くにつれて、コースは徐々に難しくなっていきます。

サスケのさまざまな障害

ゲームには 4 つのステージがあり、各ステージには出場者が操作しなければならないユニークで挑戦的な障害物が含まれています。 ゲームの第 1 ステージでは、競技者はいくつかの障害物を素早く乗り越えて制限時間内に鐘に到達しなければなりません。第 2 ステージでは、水に落ちずに決められたコースを無事に完了しなければなりません。第 3 ステージでは、ゴールします。上半身の強さをテストする一連の障害物。

ゲームの最終ステージである緑山は最も難しいコースと言われており、出場者は制限時間内に塔を登って頂上のボタンに到達し、完全勝利を目指します。 26 年の歴史の中で、ショーの最終段階を完走した出場者は 4 人だけであるため、『SASUKE』で完全勝利を収めることは大きな成果です。

サスケの長い任期中に、多くのアスリートがショーに出場してきたため、障害がオリンピックレベルで実装されるのを見るのは興味深いでしょう。 テレビ版の障害物コースを完走することは非常に難しいため、オリンピック競技大会中にアスリートが完走できる可能性を高めるために、いくつかの変更が加えられる場合があります。


READ  テニス界のレジェンド、スティービー・グラフとアンドレ・アガシが USC での初めての野球の試合で息子を応援