Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の成人の 80% 以上がタバコの煙を不快に感じている: 調査

最近の政府の調査によると、日本では 18 歳以上の人の約 83% がたばこの煙を不快に感じていることがわかっており、受動喫煙に対する一般の人々の否定的な感情が浮き彫りになっています。

政府は2020年4月に数人の屋内喫煙を全面的に禁止したが、金曜日の内閣府の世論調査によると、回答者の半数近くが受動喫煙をやめるためのより厳格な措置を望んでいると答えた.

56%強がタバコの煙が「気になる」と答え、約26%が「やや気になる」と答えた。 男性の約 75%、女性の約 89% がこれらの意見を表明しました。

最新のデータは、調査方法の変更により、約 78% が同様に回答したことを示した 2019 年に実施された最後の調査と直接比較することはできません。

この問題に対する政府の対応については、回答者の約 48% が受動喫煙対策を強化したいと考えています。 そのうちの 60% 近くが、路上や公園などの屋外喫煙場所を減らすよう求めていました。

人々が喫煙を好まない場所に関する多肢選択式の質問では、ほとんどの回答者 (約 70%) が「路上」に言及し、51% 近くがレストランを選択しました。

バーや居酒屋などの酒類店や屋外喫煙所など、喫煙者の多い場所でもたばこの煙が気になるという人は約4割。

2020年4月に施行された改正健康増進法により、飲食店やオフィス、ホテルのロビーなど、一般に公開されている場所は原則として屋内での喫煙が禁止されています。

この調査は、8 月から 9 月の間に 3,000 人の成人を対象にオンラインと郵送で質問し、そのうち 1,556 人が正答しました。


関連記事:

喫煙による死者は 769 万人。 2019年の世界の人々

日本では30%以上の人々がウイルスの中で受動喫煙が増加していると見ています

日本人男性の喫煙率が初めて30%を下回った


READ  科学者たちはついに、1日に10,000歩を踏むことが実際に重要かどうかを確認するための研究を行いました。 これは彼らが見つけたものです