Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の成長するサイダー産業は逆境に直面しています

日本のサイダーシーンは上向きの軌道に乗っています。 Nicky Trendy Magazineは、国内のクラフトサイダーを特集しました 「2021ヒット予測ランキング」 そこで飲み物は18日(30時)に来ました。 COVID-19の宣伝活動を計画することは困難でしたが、サイダー業界の株主は、このリンゴベースの酒が目立つようになる時が来たと静かに信じています。

そのようなパートナーの1つは、横浜の酒屋であるDTM1874のマネージャーである清藤幸太とバーです。 チーターと彼のチームは、地元で生産されたサイダーが日本でのワインに次ぐ大きなものになると信じています。

「アルコール含有量はアルコールよりも低いので、ある意味でビールよりも健康的です」と彼は言います。 「サイダーは、アルコール業界の現在の傾向に沿った重要な位置を占めていると思います。」

InCiderJapan | Le ReevCourtのリリース12の表紙

アジアで唯一のバイリンガルマガジンであるInCiderJapanは、あらゆるものをサイダーで提供し、飲み物の前進をスムーズにします。 これは、成長する日本のサイダー業界のコンサルタントを兼務する日本のサイダーの輸入業者および販売業者であるリー・リューのアイデアです。

「私は日本の出版社で長年働いていましたが、サイダーの再登場と英国と米国での人気に気づき始めたとき、日本でも同じことが起こると思いました」と英国生まれのリーブは言います。 国のサイダープロファイルを高めることを望んで、リーブはここでサイダー市場の調査を開始し、2017年12月にInkyderJapanの創刊号を発行しました。

フランスとイギリスのサイダーは過去10年間日本で流通してきましたが、通常は小さなワインショップから輸入されているとリーブ氏は言います。 しかし、市場は拡大しています。

「2019年以来、オーストラリアとアメリカのサイダーの輸入は、他のヨーロッパ諸国からのブランドとともに成長しました」と彼は言います。 「特にオーストラリアは、日本を次の主要なサイダー市場として特定しており、太平洋岸北西部など、米国には多くの地域があります。」

サイダーのイメージを高めることは、飲み物を宣伝したい人にとって絶え間ない挑戦であり、リーブはその点で日本だけではないと言います。

「英国やフランスのような国では、サイダーは田舎の農家や大量生産されたアルコボップによって作られた安い飲み物の時代遅れのイメージを持っている伝統的な飲み物です。」 「ここ日本では、ノンアルコールのソーダサイダーと「本物の」アルコールサイダーをめぐって、終わりのない(消費者の)混乱があります。」

後者は「ハードサイダー」と呼ばれることもあり、クーラーバージョンとは異なります。 さらに、日本がフランス語の発音を採用したため、さらに混乱が生じる可能性があります。サイダー、」(シドール 日本語)英語ではなく「サイダー」。

リーブは飲み物と彼自身の人生のために進歩を遂げています。 2018年以来、彼は、世界最大の専門家向けサイダー会議であるCiderconを主催するAmerican Cider Associationと協力して、サイダーを介して米国と日本を結び付けています。 今年の初めに、彼はイベントのために日本のサイダーについてオンラインプレゼンテーションを行う機会がありました。

日本サイダーマスター協会と長野県は、国際アップルシトロン協会のNGOと協力して、サイダーを通じて長野を改善するための3年間の政府資金による取り組みに協力しています。 彼の努力の一環として、5つのサイダーメーカーが南長野に参加する予定です グローバルサイダーリンク、昨年11月にデンマーク、ノルウェー、米国、オーストラリア、スペインからこの地域に持ち込む予定です。

昨年の作品でスパナが大流行したにもかかわらず、パートナーは邪魔されず、今年の11月には6か国で開催されるGlobal CiderConnectイベントが進行中です。 計画は、参加している国際的なサイダーメーカーが旅行できるかどうかに関係なく、ビデオとオンラインの会議技術を使用してイベントを主催することです。 リーブはこれを多くのレベルで貴重な機会と見なしています。「日本は国際的なサイダーマップの重要なサイダーハブになりつつあり、サイダーメーカーは新しい技術や方法を学び、情報や文化交流を共有しています。」

ファーム&サイダーカネシケ 長野は今秋参加予定のサイダーメーカーのひとつです。 カナシケは果樹園で果樹を育て、他のリンゴ飲料と一緒に受賞歴のあるサイダーを作ります。 桜井速人代表は、日本のサイダー市場を成長させる機会がたくさんあると考えています。

「ここ南長野地域の主な焦点は、製造業者と消費者を同様に教育することです。私たちは、サイダー文化が日本に定着するのを助けるためにサイダーセミナーとイベントを開催します」とカナシケは言いました。 日本のサイダーシーンはとても面白い場所です。 」

COVID-19の蔓延を食い止めようとする現在の緊急事態により、東京やその他の緊急事態下でのアルコールの販売が禁止され、首都のバーにとって事態はさらに困難になっています。 それらの中で シダーナト 日本初の店舗である渋谷では、樽から取り出したサイダーを幅広く取り揃えています。 日本には甘くて酸味や渋味のないリンゴの品種がたくさんありますが、それは大方ひかるを動力源としています。 その結果、ヨーロッパのサイダーに見られるように、リンゴを混ぜて作る複雑なフレーバーを作ることは困難です。 しかし、それは実験の機会としても見られるかもしれないと彼は言います。

「日本のサイダーはまだ始まったばかりなので、リンゴやイースト菌など、インフルエンザの選択肢は限られています」と彼は言い、ホスピタリティの側面から日本のサイダーの将来の方向性についていくつかの洞察を提供します。 「一方で、基準が曖昧なため自由度が高く、アイデアが浮かんだときに面白い商品を作ることができます。」

エピデミックを含む現在の課題にもかかわらず、ダケタは引き続き楽観的です。 「日本のサイダー業界にはたくさんの夢があります。今後の課題は、仕事からサイダーを取り出して文化に育てることです。」

COVID-19ガイドラインによると、政府は、居住者や訪問者がバー、レストラン、音楽会場、その他の公共の場所を訪問したい場合は警戒するよう強く求めています。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  米国、オーストラリア、日本、インドの指導者たちは金曜日にワシントンで会合する予定です。