Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の手頃なスポーツカーはまだ終わっていない! トヨタ セリカとMR2の復活、そして新世代のマツダ MX-5 – 自動車ニュース

日本の手頃なスポーツカーはまだ終わっていない! トヨタ セリカとMR2の復活、そして新世代のマツダ MX-5 – 自動車ニュース

アクセシブルなスポーツカーの終焉を残念に思っていますか? トヨタとマツダはしばらくの間、スポーツカーを比較的手頃な価格で維持するつもりのようであるため、まだやめると言うのはおそらく時期尚早だろう。

従来のGRブランドの業績は堅調であったが、そのほとんどの車は既存モデル、つまりGRカローラやヤリス、さらにはスバルと共有のGR86プラットフォーム、BMWとのスープラをベースにしていた。

しかし、GRファミリーをさらに強化するためにさらに2台の車両がパイプラインにあり、どちらもちょっとしたノスタルジックな命名法のおかげでトヨタファンを感動させるはずだ。
トヨタの新CEO、佐藤幸治氏がセリカ復活への意欲を語ってからわずか2か月後、元CEOで現社長の豊田章男氏(現在のGRを手に入れた人物)が北海道ラリー中にトヨタタイムズにセリカについて語った。もう一度。

トヨタとマツダについて詳しく読む

新型セリカが登場するのかとの質問に対し、豊田氏は何度か質問をはぐらかそうとした後、「ラリーイベントに参加しているからと言っているだけではなく、(デモランに招待された)カンクネンもそう言っている」と語った。セリカさんです」

豊田氏は、セリカGT-Four ST185を駆り、トヨタで4度の世界ラリー選手権タイトルのうち最後にタイトルを獲得した元ラリードライバー、ユハ・カンクネンについて語る。

「これで、なぜ私がカンクネンをそんなに使うのか考えてみてください。推測できるかどうか見てみましょう!」

アクセシブルなスポーツカーの終焉を残念に思っていますか? まだ適切な時期を言うには時期尚早かもしれません。 (画像:ベストカー)

豊田氏はまた、新型セリカの製造を同社に正式に要請したが、新型モデルに関しては有名人が必ずしも豊田氏の要望通りに進んでくれるとは限らない、とも語った。

このニュースだけでも古いトヨタ車のファンにとっては嬉しいはずだが、先週、大いに噂されていたMR2の復活が再び浮上し、日本のベストカー誌は新型スポーツカーは電気自動車ではないと報じた。 当初の予想通りでした。

ブランド最後のミッドシップスポーツカーとして2026年に発売予定のMR2は、最終的にブランドの2つのGRハッチモデルで使用される1.6リッターターボチャージャー付き3気筒エンジンのバージョンを搭載することになる可能性があるが、私は以前、スズキとダイハツと提携して作られた小型スポーツカーが登場する可能性があると報じた。

今度開催される日本モビリティEXPOのマツダのプレビュー情報は、非常に重いMX-5です。 今度開催される日本モビリティEXPOのマツダのプレビュー情報は、非常に重いMX-5です。

ベストカーは以前、「GRヤリス」のプラットフォームをベースにしており、996ccの3気筒ガソリンエンジンを搭載し、全長約4.2メートル、高さわずか1.2メートルになると予想されていると報じた。

小型スポーツカーといえば、もうひとつのブランドがその盛り上がりに加わっています。 今度開催される日本モビリティEXPOのマツダのプレビュー情報は、非常に重いMX-5です。

マツダは声明で「マツダブースはマツダの最愛のアイコンであるMX-5に焦点を当てる」と述べた。

「走る歓びに対するマツダ本来のこだわりの永遠の象徴である初代MX-5をはじめ、さまざまなMX-5モデルが展示されます。

新しいMX-5コンセプトは、次世代モデルに何を期待するかについて具体的な情報を与えてくれるだろう。 新しいMX-5コンセプトは、次世代モデルに何を期待するかについて具体的な情報を与えてくれるだろう。

「さらに、ショーのテーマを象徴するようにデザインされた新しいコンセプトカーがショーでワールドプレミア公開されます。」

その背後に何があるのか​​漠然としたイメージとともに発表された新しいMX-5コンセプトは、次世代モデルに何を期待するかについて具体的な情報を与えてくれる可能性が高い。

付与 マツダ 現在の電動化の進歩により、完全電動のMX-5がすぐに登場する可能性は低いでしょう。

READ  伊賀 Swiatek が Ons Jabeur に乗って全米オープン女子シングルスで優勝 | 2022 全米オープン テニス