Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の投資家を引き付けることは依然として困難な仕事です

国の主要空港にある外国人投資家のための入国管理カウンターであり、輸入手形の電信送金を可能にします-これらはバングラデシュの日本の投資家のためのいくつかの簡単な予測です。

数十億ドルのインフラストラクチャプロジェクトを必要とする問題はなく、これらの問題に対処するには、いくつかの部門の事務処理で十分でした。

しかし、首相官邸でのハイレベル会合が日本の懸念に留意し、2020年8月に関連する政府当局にそれらに対処するよう指示して以来、ほとんど何も起こらなかった。

16か月後、プロジェクト管理オフィス(PMO)は本日の会議に政府高官を招集し、日本企業が特定した問題のリストと、各政府機関が実施した問題に対処するために行われたコミットメントの量を評価しました。

実際、オートバイ登録料の削減、保税施設の下に持ち込まれた古い機械の投棄の取り決め、空の輸出コンテナによる保税品の輸送を許可することを除いて、ほとんどの問題はまだ解決されていません。

一方、外国人投資家に対する金銭的インセンティブ、EPZ内外の同等の賃金、およびEPZ投資家に対するVAT免除は、未解決の問題に関して高いままです。

PMOの会議の議題によると、日本の投資家は、税金と外国為替に関連する16の問題と、バングラデシュでビジネスを行うための投資環境に関連する11の問題を特定しました。 これらの問題のほとんどは過去1年間に議論されましたが、まだ対処されていません。

バングラデシュ投資開発局(BIDA)の最高経営責任者であるSarzul Islam氏は、ビダが外国投資を誘致するためにあらゆる力を尽くしているときに、政府が日本の投資家の懸念に対応するのが遅い理由を尋ねた。これらの問題以来、期待される行動は延期されました。 商工省、全国歳入庁、バングラデシュ銀行などの多くの省庁が関与しています。

彼は昨日ビジネススタンダードに、「なぜ彼らが遅れているのかを尋ねるのが最善だ。おそらく、考慮すべき賛否両論がある」と語った。

昨年8月の会合では、関係するすべての省庁に、その範囲内にある問題を解決するための措置を講じるための期限付きの目標が与えられました。

本日の会合では、中央銀行総裁、投資促進機関のCEO(BEDA、BIPA、PISA、官民パートナーシップ機関)を除く最大14の省庁の秘書から説明が聞かれる予定です。

ベダ首相は、輸入請求書の電信送金の問題を引用し、この提案がマネーロンダリングの範囲を拡大することを恐れているため、商工省はこの問題について問題を抱えている可能性があると述べた。

日本の投資家からの発言を引用して、ビダ会長は、バングラデシュとパキスタンを除くすべての国からの電信送金が許可されていると述べた。

同氏は、譲歩が認められた場合、それは日本の投資家だけに限定されるものではなく、法執行が緩い国の投資家は商務省の懸念に言及してその使用を乱用する可能性があると述べた。

しかし、ベダは、地方事務所の運営を許可する問題を含む、その管轄内の2つの特定の問題の解決において進歩を遂げたと彼は述べた。

ビダ首相は、日本の投資家の要望に応えて、利権移転はすでに6%に削減されているが、政府にとっては実現不可能かもしれない完全なキャンセルを望んでいると説明した。

シラズル・イスラムは、日本の投資家に可能な限りの政治的支援を提供するという政府のコミットメントを強調し、ナラヤンガンジのアライハザールで進行中であり、完成後の日本の投資の焦点となる日本経済圏に期待を寄せた。

アレンの希望は薄れていますか?

お金は忍耐力の木の上で成長します:この日本のことわざは、日本の経済界が信じていることの一貫性のポイントと、バングラデシュがより多くの日本円をバングラデシュに引き付けるためにもっとうまくできたかもしれないことについてです。

Covidが約1年半前に中国全土を席巻したことで、日本は企業が製造施設を中国からシフトし、バングラデシュを工場移転の優先目的地のリストに追加するインセンティブを発表しました。

島国に工場を移転しようとした後、バングラデシュの最高レベルの政策立案は、日本の投資を誘致するとともに、日本の投資家がバングラデシュですでに直面している問題を解決するための努力を強化した。

すでにバングラデシュで事業を行っている日本の起業家と話をした後、事業問題を解決するためにいくつかの委員会が設立されましたが、あまり達成されていません。

昨年8月16日、PMOは、バングラデシュの日本企業が直面する問題を迅速に解決するために、関係省庁に「1、2週間」を与え、国内外の事業体間の輸出補助金に関する「不平等」に対処した。

財務省は、バングラデシュの外国企業に、今年度から現地企業と同じ割合でインセンティブを提供することを義務付けられています。

バングラデシュ銀行、国家歳入庁、財務省の高官で構成される委員会が設立され、銀行取引、税務問題、税関の遅延の問題を調査しています。

別の会社は、外国投資家を動機付け、プロジェクト管理事務所に報告する方法を見つけるために、歳入委員会、バングラデシュ輸出加工区局(Bepza)および他の投資関連事務所の職員を巻き込んだ。

ただし、この点に関して、関係機関からの公式通達はまだ発行されていません。

日本は「チャイナプラスワン」政策を採用して以来、現在の日本企業はまだ満足していないため、単一のプラント移転オファーを提供されていません。

リマインダー

ゆっくりとした反応により、日本の当局者や外交官は、今年11月にバングラデシュ投資開発局(BIDA)が開催した国際投資サミットなど、さまざまな場面で懸念を表明するようになりました。

最近のチッタゴンで、伊藤直樹日本大使は、バングラデシュへのさらなる投資への関心を表明する一方で、既存の日本企業がここでビジネスを行う上での問題について懸念していることを当局に思い出させた。

通関の遅延、さまざまな税金、輸入支払いの電信送金の制限、輸出インセンティブの差別、輸出加工区および経済特区の環境改善 [special economic zones] 大使は、ビダ投資サミットへの日本の副外相のメッセージに言及し、「それはまだ彼らの懸念の一つである」と述べた。

あなたはそれを使うか、あなたはそれを失うかのどちらかです

日本の投資家を引き付けるための商務省のタスクフォースのメンバーであり、バングラデシュ商工会議所連盟(FBCCI)の前会長であるシャフィール・イスラム・モヒウディン氏は、この大流行により、バングラデシュへの潜在的な日本の投資が鈍化したと述べた。

商工省のタスクフォースのメンバーは、輸出加工工場への輸出インセンティブやCovid刺激基金へのアクセスなど、日本の投資家による多くの提案に同意します。

元ビジネスリーダーは、日本の投資家による論理的かつ実行可能な提案を緊急に実施しなければならないと考えています。 また、作業できないものは明確に表示する必要があります。

「問題があまりにも長い間解決されないままにされると、日本の投資家はバングラデシュへの興味を失い、去ってしまうかもしれない」と彼は述べた。

頻繁な恐れ

日本側は、本日の会議で発表される提案の中で、輸出加工区の企業に、説明なしに、電力供給のための敷金が突然課されたと述べた。 保証金はTk1クローレを超え、一部の企業は支払いなしで新しい電気接続を利用できます。

輸出加工区の企業は、機械を免税で輸入することができます。 しかし、日本の投資家は、企業は税金を払わずにこれらの機械のスペアパーツを持ち込むことはできないと述べた。

共同閣僚会議で、日本貿易振興機構(JETRO)は、ダッカのハズラットシャージャラル国際空港での移民許可の遅延を提起しました。

「移民手続きが完了するまでに3〜4時間かかることもあります」と、ジェトロカントリー代表の安藤洋木氏はイベントに語った。

民間航空および空港当局は、第3ターミナルが完成すれば状況は改善すると主張しています。

駅での作業はこれまでに22%の進捗が見られ、2023年の期限までに完了する予定です。つまり、追加の入国管理施設はそれまで待たなければなりません。

同じトピックが今日のセッションで再び提示されます。

会議の議題には、空港での入国手続きを改善し、到着時にビザを取得するという日本の以前の要求が含まれています。これには現在3〜4時間かかります。 現在、港で16日、空港で8日かかるため、港と空港の両方で通関手続きを行うことも投資家にとって問題です。

日本の投資家は、EPZの内外の工場間で最低賃金が大きく異なるため、EPZの強制賃金引き上げに関する現行法を廃止したいと考えています。

国内企業は輸出インセンティブを得るが、外国企業や輸出加工区の合弁事業は支援を受けない。 日本側は、これらの輸出加工会社も現金刺激の対象となるべきであると指摘している。

本日開催されるPMO会合の文書によると、日本の投資家は運転資金として親会社からの長期外国融資、低コストの短期外国融資を求めており、地域のプロジェクトオフィスが日本に送金することを許可している。

日本の投資家はまた、ロイヤルティと技術料を廃止し、ロイヤルティの移転手続きを簡素化することを提案しました。

READ  日本は非常事態宣言を合計21都道府県に拡大しようとしています