Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の拡大したウイルスの緊急事態は1兆につながります。 円の経済的損失

エコノミストの予測によると、コロナウイルスのパンデミックによる日本の緊急事態の長期化は、1兆円(92億ドル)の経済的損失をもたらし、年末までに着実に回復する可能性を減らすと推定されています。

みずほ証券のチーフエコノミスト、小林俊輔氏は、金曜日に緊急宣言ゾーンを拡大し、約3週間延長するという政府の決定は、当初の推定4000億円に加えて、6000億円の悪影響をもたらすと述べた。

日本の第3の非常事態宣言は、4月25日に発効し、5月11日に終了する予定ですが、愛知県と福岡県が東京、大阪、兵庫、京都に加わり、5月末まで延長されました。すでにCOVID-19緊急事態に置かれています。

エコノミストは、日本経済が1月上旬に宣言され3月下旬に完全に解除された2回目の緊急事態に見舞われ、1月から3月の期間にマイナス成長に突入すると予想しています。

しかし小林氏は、発表の拡大により、4月から6月までの景気回復シナリオが「薄氷」を超え、主にレストランやバーなどのサービス部門の個人消費に影響を与える可能性があると述べた。

明治安田生命研究所の児玉裕一チーフエコノミストは、政府はウイルスの緊急発表をさらに行う可能性があり、事業投資と個人消費は減少すると述べた。

READ  「スウィングスリッパ発祥の地」:世界市場に足跡を残す西日本の都市