Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の指導者の医療顧問は、ウイルスに対するより厳しい対策を促します| バッファロースポーツ

東京は、昨年末に発生してから4回目となる非常事態宣言を1か月間受けていますが、その対策はほとんど実行不可能な要求であり、多くの人が圧倒されているため、ますます無視されています。

近江氏は、スーパーマーケットやプレス会社の食料品店や持ち帰り部門のサービス時間や顧客数を制限して、従業員が自宅で仕事ができるようにするよう政府に要請した。 彼はまた、保健当局は検査を強化すべきであり、より多くの医療機関が、自宅で自己隔離している人々を支援するコミュニティ全体のシステムを作成する取り組みを支援するためにアクセスできるようにするべきだと述べた。

「さもなければ、私たちは家でもっと悲劇的な事件を見るでしょう」と彼は言いました。

日本の予防接種キャンペーンは、開始が遅いにもかかわらず順調に進んでおり、約36%の人々が完全に予防接種を受けています。 しかし近江氏は、より伝染性の高いデルタ変異体によって引き起こされる突然変異を遅らせるにはそれだけでは不十分だと述べた。

ジョンズホプキンス大学によると、日本の7日間の新規症例の平均は10万人あたり11.2であるのに対し、インドでは2.8、米国では37、英国では41です。

東京市政府のタスクフォースの専門家は木曜日の初めに同様の警告を発した。

「感染は激しさを増しており、制御できなくなっています」と、米国疾病予防管理センターの所長であるオムガリノリオ博士は述べています。 「それはほとんど災害であり、人々が自分の命を守るしかない状況です。」

READ  日本人の70%が東京オリンピックのキャンセルまたは延期を望んでいます。 スポーツ