Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の捕鯨会社は自動販売機の売り上げ回復を望んでいる

[横浜 28日 ロイター] – 日本の捕鯨会社は火曜日、横浜でクジラの刺身、クジラのステーキ、ベーコンを販売する自動販売機を発表した。

クジラの形をした帽子をかぶった弓道船泊所長の所秀樹は、同社の最新の「人里離れた店」で潜在的な顧客を迎えます。これは、ファッション ブティックや職人のパン屋が集まる高級ショッピング街、元町にある 3 つの自動販売機です。

同社は最近、東京に 2 つの同様の店舗を開設し、来月には西部の都市である大阪に 4 つ目の店舗を開設する予定であり、今後 5 年間で 100 店舗に拡大することを望んでいます。

「反捕鯨団体から嫌がらせを受けるのを恐れてクジラを使わないスーパーマーケットがたくさんあります。そのため、クジラを食べたくても食べられない人がたくさんいます」

「そういう人たちに食べてもらえる場所を提供できればと思って出店しています」

同社の広報担当者によると、販売されている商品は主に日本で捕獲されたクジラで、価格は 1,000 円 ($8) から 3,000 円 ($23) です。

政府は、クジラを食べることは日本の文化の大切な一部であると主張しているが、1960年代初頭にピークに達した消費は、他のタンパク質源が利用可能になり手頃な価格になるにつれて着実に減少した.

政府のデータによると、2021 年の日本の鯨肉の消費量は、鶏肉が 260 万トン、牛肉が 127 万トンであるのに対し、わずか 1,000 トンに過ぎません。

鯨肉の年間消費量は1962年がピークで23万3000トン。

自然保護論者は、鯨肉を宣伝する動きは、衰退しているビジネスへの関心を復活させようとする必死の試みであると言います.

「ほとんどの日本人はそれを経験したことがありません。誰も実際に参加していないのに、どうして国民文化と呼ぶことができるでしょうか?」 世界的な慈善団体であるクジラとイルカの保護のための日本の政策(WDC)の議長であるキャサリン・マティスは、次のように述べています。

国際捕鯨委員会(クジラの保護を監督する国際機関)は、一部の種がほぼ絶滅した後、1986 年に商業捕鯨を禁止しました。

しかし、日本は、研究目的であると主張するクジラの捕獲を続けた。 2019年にIWCから脱退し、商業捕鯨を再開。

店の近くの通行人の中には、クジラを食べることは受け入れるが、特別な努力はしないと言う人もいました.

「(買いに)わざわざ行くつもりはありません。普段は鶏肉を食べています」と、28 歳のカスタマー サービス ワーカーである稲本うららさんはロイターに語った。

クジラ肉の支持者は、他の肉と比較してタンパク質含有量が高く、二酸化炭素排出量が少ないことを指摘しています.

横浜のクリス・ギャラガーによる追加レポート。 ジョン・ゲディとジェイソン・ニーリーによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本はペトロナスと緊急措置を含むLNG覚書に署名:レポート