Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の探査機が精密タッチダウンミッションで月面に着陸

日本の探査機が精密タッチダウンミッションで月面に着陸

精密航行技術を搭載した日本の宇宙船が月面着陸に成功したが、太陽光発電システムの問題のため、その任務の行方は依然として不透明であると日本の宇宙機関が土曜日に発表した。

月探査用スマートランダー(SLIM)のタッチダウンにより、日本は初の月面着陸に成功し、旧ソ連、米国、中国、インドに次ぎ、この偉業を達成した唯一の国となった。

「我々は軟着陸に成功したと信じている」と宇宙航空研究開発機構の高官国永博氏は記者会見で、宇宙船から地球に送り返されたデータは、これまでに設置された機器のほとんどが適切に作動していることを示したと述べた。 。 。

しかし、着陸船の太陽光発電システムは作動しておらず、バッテリーは数時間しか持たない。 JAXA関係者らは、内蔵の発電システムが太陽に適切に面していないため、太陽光の状況が変化すると作動し始める可能性があると疑っていると述べた。

2024年1月19日に撮影された写真は、神奈川県坂見原市にある宇宙航空研究開発機構の施設に展示されている月着陸船SLIMのレプリカを示している。 探査機は1月20日未明に月面着陸に成功し、日本初の月面着陸となった。 (京都) ==京都

この探査機は、これまでの月面着陸の範囲が数キロから十数キロだったのに対し、100メートル未満まで前例のない精度で重力面を探査できるように設計された。 ジャクサ。

国永氏は、車両が接地前に予想される軌道と加速度を一致させたため、「着陸時に100メートル近い精度が得られたと考えている」と述べた。

JAXAの山川宏理事長は、宇宙船が着陸して月面に到達する際に何が起こったのかを正確に分析するには1か月かかると述べ、日本は国際協力の枠組みを通じて精密着陸技術に関する関連知識を共有する用意があると付け加えた。

画像はSLIM探査機が着陸する投影領域(白い矢印)を示しており、左側に満月、右側にクレーター領域の拡大図が表示されています。 (資料写真 JAXA)(京都)

同局は、将来の月探査ミッションでは、「着陸できる場所に着陸する」時代から「望む場所に着陸する」時代への移行を実現することが重要だと述べた。 坂道として。

このような精密着陸のための技術を共有することで、安定した長期的な月探査が改善されるだろうと山川氏は土曜日の記者会見で述べた。

同局は、「ムーン・スナイパー」と呼ばれるSLIMを利用して、月の地殻の一部と考えられる岩石の組成分析を行うことで、月の起源の解明に貢献したいと考えている。

2024年1月20日、神奈川県坂見原市で、JAXAのSLIM探査機の月面着陸成功後の記者会見で写真撮影に臨む宇宙航空研究開発機構の山川博理事長(右)とその他関係者。 、日本初の月面着陸を記録した。 (京都) ==京都

探査機は金曜日深夜、地表上空15kmの高度から着陸ミッションの最終段階を開始した。

同庁によると、車両は降下中にポットホールや表面の写真を撮影し、事前に入力された画像と比較することで、最適な着陸地点を任意に決定できるという。

宇宙船は当初、5本の脚のうちの1本で着陸し、姿勢を安定させるために傾けた後に残りの脚を使用するように設計されていた。

エクスプローラーは昨年9月7日、日本の南西部、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケットによって打ち上げられた。 探査機は12月25日に月周回軌道に入った。

打ち上げは当初、昨年5月に計画されていたが、日本の次世代H3ロケットが数カ月前に失敗したため延期された。 天候により8月に再度延期。

1月 2024年19日、奈良県大和郡山市のシャープ株式会社の工場にある宇宙航空研究開発機構の月着陸船SLIMに搭載された、従来の太陽電池パネルの5分の1の重さの太陽電池が示されている。 。 探査機は1月20日未明に月面着陸に成功し、日本初の月面着陸となった。 (京都) ==京都


関連報道:

日本の探査機、1月20日に月面着陸に向けて月周回軌道に入る

宇宙機関のサーバーが不正アクセス攻撃に対して脆弱になる可能性がある

日本人宇宙飛行士の大西宇宙飛行士と油井宇宙飛行士は2025年にISSへ打ち上げられる予定


READ  下半期統一国民投票の運動が始まる