Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の援助機関の長は、ウクライナの亡命者を支援することを約束しました

今月初めに政府系援助機関の上級職に復帰した田中明彦氏は、ロシアが東欧諸国に侵攻した後、ウクライナから逃げる人々を助けることを金曜日に誓った。

4月に国際協力機構の長に戻った田中さん(67)は、「ウクライナ政府に緊急の財政支援を提供し、追放された人々に必要な支援を提供するために何ができるかを模索したい」と述べた。 6年以上のギャップの後1。

JDBCは、戦争で荒廃した国から逃げる難民が避難所を探し、地元の医療機関と支援を交換するのを支援するために、隣接するウクライナのモルドバに人員を派遣しました。

2022年4月8日に東京で開催された記者会見で、国際協力機構の田中明彦総裁が講演します。 (京都)

日本は、ウクライナからの多数の難民を受け入れる国々に、財政援助を含む2億ドルの緊急人道援助を提供することを決定しました。

国際政治の専門家であり、政策研究大学院大学の元所長である田中氏は、コロナウイルス感染は、2020年に世界で20年ぶりに極度の貧困状態にある人々の数を増やすことにつながると述べた。

田中氏は、ウクライナでのエピデミックと戦争の影響に対処しながら、日本に援助を実施するよう呼びかけ、開発途上国で最も「脆弱な」人々に「深刻な打撃」を与えたと述べた。

東京の政府開発援助の数十年は3月に終了したことを指摘し、JICAは中国に事務所を置き、世界第3位と第2位の経済大国が開発援助の分野で協力することが重要であると述べた。

田中氏は、国際大学の元学長である木田ヴォカ真一氏の後任として、JICA学長に任命されました。 田中は、2012年から2015年10月に木田ヴォカが政権を握るまでの3年半の間、代理店の責任者を務めました。


関連する報道:

開発援助が完了した後も、JICAの中国事務所は引き続き営業します。


READ  インドは日本にわずかな敗北を喫した