Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の損保は、世界中の高齢化コミュニティに介護サービスを導入する予定です

日本のビジネスと財務の最新情報

日本最大かつ最も保守的な保険グループのリーダーは、グローバル企業になるために、世界中の高齢化コミュニティで看護および予防医療サービスを開始する予定です。

ソンボホールディングスの櫻田健吾CEOは、フィナンシャルタイムズに、「ウーカ」の暴露をめぐって、従来の事業事故や災害から脱却しつつあると語った。 この用語は、不安定さ、不確実性、複雑さ、およびあいまいさを指すために米軍によって造られました。

「自分自身を変革し、新たに自分自身を変革する場所はたくさんあります」と桜田氏は語った。 「私たちが伝統的な保険会社であり続ければ、私たちが世界一になることはできないと思うからです。」

櫻田氏は、より多くの顧客を獲得するために、海外取引も検討していると語った。 損保は今後3年間で「成長投資」のために6000億6000万ドル(54億ドル)を確保している。

2016年、損保はバミューダに本拠を置く競争力のある耐久企業を63億ドルで買収しました。これはポートフォリオを変革し、買収を迅速に名前変更して統合する同社のテクノロジーのテンプレートとなりました。 歴史的に、外国の合併や買収に関しては、日本のグループの強みではありませんでした。 グループは、M&Aを通じて、2024年3月期の海外売上高を2倍以上にすることを目指しています。

「この保険ビジネスの世界で生き残るためには、私たちは巨大でなければなりません。私たちの規模は、すでに3分の1です。 [Japanese] 市場シェアは十分ではない」と述べた。

Sompoは昨年、億万長者のPeterDialによって設立されたアメリカのデータ分析チームPalantirに5億ドルを投資しました。 両者は、日本の急成長しているが赤字の900億ドルの介護産業を変革するためのPalantirの技術を保証することを目的とした合弁事業を設立しました。

損保は2015年後半に業界に参入し、国内買収を通じて国内第2位の介護サービスを提供しました。

フルーツジュースでは、ナーシングホームで収集されたデータを使用して、介護者の生産性を向上させ、患者の健康状態を分析します。

将来のある時点で、ゾンボは認知症の進行を予測し、患者が事故に巻き込まれることなく運転できる時間を計画できる保険パッケージを開発する予定です。

長期的には、同社は介護業界で運用されているさまざまなデータベースを使用して50億ドルのビジネスを構築したいと考えています。

桜田氏によると、日本の急速に高齢化するコミュニティは、ビジネスを構築するための課題と機会を提示し、最終的には中国や他の国々が同様の社会問題に直面することになります。

「日本で成功すれば、そのモデルと知識を先進国と発展途上国に輸出することができます」と彼は言いました。

READ  日本の首相は、新たな緊張が懸念される中、緊急措置の拡大を求める世界| ニュース