Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の支配的な新しい警備員はスーチーの後に引き継ぐ準備ができています

東京-比較的新しいメンバーの強みが彼らの次のリーダーを選ぶことへの彼らの忠誠よりむしろ世論を見るので、日本の与党の長い間支配された派閥は政治的な終わりに来るかもしれません。

自民党は岐路に立っている。 アウンサンスーチー首相の継承が、政治問題や当時の動向、あるいは何十年にもわたって党を支配してきた派閥運動を通じて、新世代の議員によって決定されるかどうかは、誰の目にも見えます。

多くの候補者が大統領選を争っており、自民党の強さを考慮して暗黙のうちに首相官邸に移っている。 元党の岸田文雄首相はすでに首をかしげているが、河野太郎改革相が出馬を決意し、高市早苗内務大臣が参加したい。 野田聖子事務局長代理も流れを検討している。

しかし、現職者が再選を求めていないこのレースには、明確なプレランナーはありません。

外交問題評議会のアジア太平洋研究のシニア女性であるシーラ・スミスは、次のように述べています。

「世代全体の可能性が彼らの世代を待っています」とスミスは述べました。 「今がその瞬間ですか?本当の問題は、分裂に対する分裂ではなく、分裂内の世代の分裂です。」

セクションは政党内の小委員会であり、多くの場合、内部政党選挙で選挙区を発行して投票します。 彼らは、選挙運動の支援から国会会員の事務所を運営するための資金提供まで、政治的に成長できるように会員にリソースを提供します。 部門のリーダーは、ビジネス界と官僚界を支配しています。

スカのリーダーシップの下で11月。

自民党が政権に復帰した2012年のLokSabha選挙で国政に入った議員は、現在3期目を務めている。 これらの3つの用語グループには他の3つのグループより84人多いメンバーがいます。 2014年と2017年に最初に選出されたものを含め、3つ以下の役職に就いているメンバーは、自民党の下院議員全体の46%を占めています。

難しい選挙を経験しなかったこれらの若いメンバーは、スカの低い承認率を心配し、別のリーダーを求め始めました。

日本の与党自民党を率いる発表された潜在的なライバルは、岸田文雄、河野太郎、石破茂、タクシン・セインです。

昨年のリーダーシップコンテストでスカを支持した細田派と麻生派でも、今回は支持について合意に達することができないとメンバーは語った。 だから、若いメンバーや派閥に支えられていないスカは、実際には辞任せざるを得ない。

彼女の立候補を最初に発表した岸田は、スカー以外の誰かを選ぶという選択肢を利用した。 利弘氏は、選出された場合、強力な事務総長のポストからニコを削除すると発表し、党幹部は3年連続でしか務めることができないと主張した。

若くて目立たない党員を主要な地位に任命するという岸田氏の計画は、下位3つの地位で働く人々の気分を反映している。 一部のオブザーバーは、岸田がお互いの戦いで優位に立っていると信じていた。

河野氏が世論調査で次期自民党大統領の最も人気のある選択肢になるためにレースに参加したとき、状況は変わりました。

河野は主に若いLDFメンバーによってサポートされています。 58歳で、彼は党内のインターネット世代のリーダーであり、派閥を率いていません。 麻生太郎の河野派は、岸田と河野を支持して分裂した。

最後にスカを支えた細田派は未定。 派閥内で揺れ動いた安倍晋三前首相がサッカレーを支援する。 タカイチは細田宗の一員でしたが、現在は所属していません。

細田派では、自民党の下村博文首相の名前が戻ってきた。 LTTEの最大の派閥のすべてのメンバーが同じページにいるわけではありません。

「キングメーカー」の阿部と麻生は、数字を約束できなくなったため、この世代が緊張を感じている」とスミス氏は語った。

これらの進展に照らして、世論調査で河野と同じくらい人気のある石場は、別の実行を検討しています。 彼女の訴訟の支持者は、この声明の実際の写しをオンラインで利用できるようにするために取り組んできました。

自民党が2012年に政権に復帰して以来、古い警備員が呼びかけています。 このグループには、7年以上首相を務めている安倍首相も含まれています。 副首相を務めた彼の親しい同盟国である麻生。 首相になる前に安倍首相官房長官を務めたスカ。 そして日経と他の党。

276人の自民党下位レベルのメンバーの平均年齢は59歳であり、ほぼ半数が60歳未満です。 ほぼ5分の1は1つの宗派に属していませんでした。 多くのシニアメンバーが引退を発表しているので、パーティーはきっと若くなります。

30歳から50歳までの約20人の3期LDF議員が、今月、大統領選挙と党改革の実施方法に関する勧告を作成する予定です。 細田派の福田達夫氏は、「密室で行われる決定のイメージを破壊し、党の長老たちの意志に気を取られる」と述べた。

昨年の自民党大統領選挙では、大チームがつながりのないスカを支持した。彼が勝つからだ。 今回は派閥はカードを持っていませんでした。 自民党が若い世代と派閥政治の間で戦争を経験しているので、競争は空中にあります。

READ  日本の車いすテニススター、カミジが教育を使命