Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の政治家は東京オリンピックのキャンセルは「オプションである」と言います日本

日本の与党幹部は、コロナウイルスが悪化し続けるのであれば、東京オリンピックの中止は「選択肢」だと述べた。

自民党書記長のニコイ・トシヒロ氏は、まだ放映されていないテレビインタビューで、「これ以上不可能だと思われる場合は、断固としてやめなければならない」と述べた。

ニコイは大会の中止を求めなかったが、彼のコメントは、日本政府、東京2020主催者、国際オリンピック委員会が提唱した統一戦線と矛盾した。 [IOC] -これらはすべて、後半のイベントが7月23日に予定どおりに開始されることを強調しています。

エピデミックは世界の多くの地域で減少の兆候を示していませんが、日本の専門家は、ウイルスが病原性株によって引き起こされる政府-19感染の第4波に入ったと警告しています。

昨年、菅義偉首相を首相に選出する際に重要な役割を果たした強力な党首であるニコイ氏は、キャンセルは「間違いなく」方法であるとDBSネットワークに語った。 」

日経新聞は、ニコに応えて「オリンピックをキャンセルすることはできない」と政府高官が述べたと報じた。

開会式まで、主催者は約100日の日に彼の介入に来ており、14,500人のオリンピックとパラリンピックのアスリートと数万人のメディア、スポンサー、関係者が「安全で安心な」ゲームを開催すると主張しています。

京都通信社によると、日本の予防接種キャンペーン担当大臣の河野太郎氏は、別のテレビインタビューで、「可能な限りゲームを作る」と述べた。 「それは聴衆なしであるかもしれません。」

外国人観客はオリンピックに参加できず、日本での観客を許可するかどうかの決定は今月後半に行われる可能性があります。

開催国の世論はこのゲームに強く反対しており、最近の世論調査では39.2%がゲームのキャンセルを要求し、32.8%が2度目の延期を要求しています。IOCによると、この動きは不可能です。

「オリンピックのキャンセル」は木曜日に日本で人気があり、Twitterで35,000件以上のツイートがありました。 「この人がこれを言うなら、オリンピックのキャンセルは事実のように思われる」と誰かがニコのコメントについて言った。

日本共産党議員の小池晃氏は、ゲームを開催することはすでに「不可能」であり、キャンセルの決定は迅速に行われるべきであると述べた。

多くの医療専門家がエピデミックの最中にオリンピックに進出する決定に疑問を呈しているため、IOCと東京2020の主催者への圧力が高まっています。

今週の社説で P.M.J.、清水一希、デヴィ・スリダール、ドニクチ・キオス、渋谷健二は、今年の夏、東京で多くの海外からの人々を扱うのは間違っていたと語った。

「グローバルコミュニティ全体が、流行を抑制し、命を救う必要性を認識しています」と彼らは書いています。 「東京2020を国内、政治、経済の目的で維持することは、科学的および道徳的要請を無視して、世界の健康と人間の安全保障に対する日本のコミットメントに反します。

「私たちはこれらの夏季オリンピックを再考する必要があり、代わりに国際的に協力する必要があります。これは、今後数年間で多くの国際スポーツイベントを開催できる世界的および国内的な条件のセットです。

「これらの条件には、オリンピックとパラリンピックの価値観が含まれ、公衆衛生の国際原則に準拠している必要があります。」

著者らは、人口の1%未満しか予防接種を受けていない日本では、予防接種のペースが遅いことを指摘しています。 「東京2020の前でさえ、医療従事者や他の高リスクの人々はワクチンを利用できず、一般の人々については何も言えない」と彼らは言った。

READ  日本の次世代H3ロケットは、打ち上げコストを抑えながら、世界的な成功を目指しています