Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の新しいバッテリーメーカーは、政府の支援の強化を求めています| ロイター| ビジネス

東京(ロイター)-新たに設立された日本電池協会(BASC)は水曜日、業界の世界的な競争力を高め、脱炭素化を加速することを目的として、政府の支援を強化することを求めると述べた。

BASCのメンバーは今月結成され、BASC、日産自動車、住友金属鉱山、旭化成、パナソニック、豊津リチウムの55名で構成されています。

BASCの安倍伊沢会長は記者会見で、「日本の電池産業の世界的な競争力を高め、産業の脱炭素化を支援する政策提言を出す」と述べた。

安倍首相は、中国、米国、ヨーロッパの競争相手がはるかに大きな補助金と税制上の優遇措置を受けるため、政府からの補助金を増やす必要があると述べた。

同グループは、7月末までに産業省に政策提言を提出する予定である。

これらの措置は、電池に使用されるリチウム、コバルト、ニッケルおよびその他の天然資源を確保するための措置を実施し、セクターが投資および製造コストを削減するのに役立ちます。

電気自動車がガソリン車に取って代わるにつれて、バッテリーの世界的な需要は拡大すると予想されます。

安倍首相は、「国際規格の審議や新たな規制計画にも積極的に参加する」と述べ、採掘、濃縮、リチウムイオン電池材料への転換など、リチウムの標準化に関する議論を例に挙げた。

BASCのメンバーには、電池の材料と部品のサプライヤー、電池メーカー、商業住宅、自動車メーカーが含まれます。

(大林優香作成、ジェイソン・ニーリー編集)

READ  日本の予防接種キャンペーンがどのようにカムバックストーリーに変わったか