Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の新興企業が日本で世界初の自転車を発売

エレクトロニクス大手の三菱とサッカー選手の本田圭佑に支えられた日本を拠点とするスタートアップであるALITechnologiesは、未来の輸送手段として構想しているホバーバイクを発表しました。 なめらかな外観の「XturismoLimitedEdition」バイクが注文可能になり、2022年前半に納車される予定です。

スタートアップは最近、富士山近くの東京の競馬場で車のデモを行い、空中運動をデモした。 このモデルは、空で動作する高性能マシンである人類に新しい感覚と経験をもたらしたいという願望に基づいていると同社は述べています。

エアロバイクは、カーボンファイバーを使用して構築されているように見えるオートバイのようなボディで構成され、前後に固定された巨大な支柱の上にあり、各コーナーには小さな密閉された支柱もあります。 機械は静止しているときは着陸スキーに載っています。 従来のエンジンと4つのバッテリー駆動モーターを搭載したこの車両は、1回の充電で最大100 km / h(62 mph)の速度で40分間飛行できます。

自転車は、プロペラの上にオートバイのようなボディがあります。 クレジット:ALI Technologies

XTurismo Limited Editionは非常にコンパクトで、長さ3.7メートル、幅2.4メートル、幅1.5メートルです。 自転車の重量は300kgで、問題なく地面から立ち上がることができます。 車両の座席は1つだけで、最大100 kg(220ポンド)の乗客の体重を運ぶことができます。

日本の規制により、このような車両は公道を飛行することが禁止されているため、その適用は、当面の間、テスト飛行に使用されるルートのタイプに限定されます。 しかし、開発者は、救助チームが自転車を利用してアクセスできないエリアにすばやく到達できることを望んでいます。

会社 1人乗りのフーバーバイクを200台、それぞれ7770万円(約68万ドル)で生産することを目指している。 私たちは過去に空飛ぶ車を夢見ていました。 ええと、少なくとも日本では、すでに空飛ぶバイクがあります。

READ  日本の株は、より安いハイテク株に牽引されてわずかに上昇しました、COVID-19は最大の利益を測定します