Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の新興企業は、嵐のエネルギーを使用できる風力タービンを設計しました

東京、10月29日(ロイター)-世界中の政府や企業が炭素排出量を削減するための再生可能エネルギーの可能性を確立しようと急いでいるため、技術の進歩により、ソーラーパネルや風力タービンに適さない地域が開発に開放されています。

日本では、Challenergyと呼ばれる新興企業が、ハリケーン状態で動作するタービンを設計しました。これは通常、ほとんどの風力発電設備を閉鎖し、それらをエネルギーに変換します。

一般に再生可能エネルギーは世界で最も急速に成長している発電所ですが、日本のほとんどの新しい再生可能エネルギーは太陽を動力源としています。 政府が空気、特に海の空気を促進しようとし始めたのはごく最近のことです。

しかし、日本では年間平均26回のハリケーンと熱帯低気圧が発生しており、気象学者によると、気候変動により頻繁かつ強力になると言われているため、風力発電開発への道は一般的に難しいと考えられています。

2018年11月10日、沖縄県石垣島南部の石垣島でハリケーンの最中に働くことができるマグナス垂直軸風力タービンの前で、Challenergyの社長兼CEOである清水敦がポーズをとる。 。 。 ロイターによる京都への強制融資

2011年の福島原発事故から3年後、チャレンジエナジーの創設者である清水敦氏は、「私たちの目標の1つは、台風をより強くすることです」と述べました。

「台風がもたらす膨大なエネルギーを利用すれば、ハリケーンは災害としてだけでなく、エネルギーとしても考えることができます」と彼はタービンのオンラインデモでロイターに語った。

従来の風力タービンは、技術の進歩に伴って拡大するため、ハリケーンの状態に非常に影響を受けやすい巨大なプロペラのようなブレードを備えています。 Selenorgyの「MagnusVerticalAxis Wind Turbine」は、その巨大なスイープ回転により、鋭いブレードを取り除き、そのエネルギーを直接捕捉して、風の方向に水平軸を中心に回転するため、構造をより堅固にします。

同社は8月、フィリピンのバタネスで10キロワットのタワーのデモンストレーションを開始し、太陽光発電と蓄電池を接続して、将来この地域でより持続可能な電力供給を提供することを目指しています。

日本と同様に、フィリピンは、中国や台湾とともに、これらの国の大部分を荒廃させるハリケーンをしばしば経験します。

丸山リカゴとアーロン・シェルドリックによる報告。 MuralikumarAnandaramanの編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  OviSokoが日本に行きます