Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の新興企業は、40分間飛ぶことができる68万ドルのホバーバイクを販売している、とそれは言います

  • 日本の新興企業ALITechnologiesは、火曜日に684,000ドルのHoverbordの先行販売を開始しました。
  • ロイターは、自転車には4つのバッテリー駆動モーターがあり、時速62マイルの速度に達することができると報告しました。
  • ALIは、2022年前半に顧客への配送を開始する予定であると語った。

日本のスタートアップは火曜日に684,000ドル(7770万円)のフーバーバイクを発売した。

ALI Technologiesによると、XTurismo Limited Editionバイクは、時速100 km(62 mph)までの速度に達することができます。 ロイター 言及された。

会社 彼女は言いました 1人乗りの自転車は1回の充電で30分から40分の間飛ぶことができます。 アリ氏によると、自転車の重量は約300キログラム(660ポンド)で、最大100キログラム(220ポンド)の荷物を運ぶことができます。

ロイターは、自転車には従来のモーターと4つのバッテリー駆動モーターが搭載されていると報告しました。 ビデオ ALIによって発行されたものは、2つの着陸そりを持っていることが判明しました。

会社 初めての製品 火曜日、青山の富士山近くの自動競馬場、富士スピードウェイで。

しかし 彼女は言いました 限定生産で200台の生産を計画しており、2022年前半に納品する予定。

ALIの片野大輔CEOはロイター通信に対し、自動車は競馬場に限定され、日本の法律により当面は道路を飛行できないと語った。 しかし彼は、将来、緊急救助チームが自転車を使って遠隔地に到達する可能性があると述べた。

「これまでのところ、選択は地上または大規模な空の移動でした」と片野氏は新聞に語った。 「私たちは新しい動きの方法を紹介したいと思っています。」

ALIは、AIを搭載したドローン開発会社としてスタートし、ホバーバイクに取り組んでいます。 2017年以降。 ロイター通信によると、同社の支援者の中には、三菱電機、京セラ、日本のサッカー選手の本田圭佑がいる。

READ  世界経済の良い兆候として、韓国の輸出は初期の2桁の増加を記録しました