Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の新資本主義評議会は女性起業家を魅了している

日本は金曜日、人工知能起業家から日本最大の労働組織の最初の女性リーダーに至るまでのメンバーを指名することにより、岸田文雄首相の「新資本主義」のビジョンを実現することを任務とする評議会を立ち上げた。

理事会は今月初めに最初の会議を開催し、労働者の賃金を引き上げる法人税の優遇措置など、岸田文雄の成長と分配の好循環を後押しする方法について話し合います。 中間報告は年末までに提出される予定です。

新しいパネルには、7人の女性を含む、15人の企業、市場、デジタルの専門家が含まれています。 AIスタートアップCinnamonのCEOである平野美子は、企業のデジタルトランスフォーメーションの提唱者です。 米良はるかは、日本初のクラウドファンディングプラットフォームであるReadyforのCEO兼創設者です。

村上由美子はOECD東京センターの社長であり、現在はゴールドマンサックスジャパンの元副社長キャシー松井が設立したベンチャーキャピタルファンドであるMPowerPartnersのゼネラルパートナーです。 今月、吉野朋子は日本労働組合総連合会(リンゴ)を率いる最初の女性となった。

岸田文雄は、経済戦略の一環として、中小企業と大企業が共存・繁栄できる事業環境づくりを目指しています。 精密金属製造会社の関ダヤ社長の澤隆子氏や塩野義製薬会社の澤田拓子社長など、女性幹部の経験を生かしたいと考えている。

岸田文雄首相(中央)は、10月15日、山岸大一郎経済復興担当大臣と木原誠二副首相とともに新資本主義評議会の旗を掲げる。 (プール写真)

経済活性化担当大臣の山木和大一郎氏は、金曜日に記者団に対し、「年齢層や経歴の異なる人々に参加してもらいたい」と述べた。 審議会の中間報告は、2022会計年度の税制改革案と今年末に作成される予算案に反映されます。

「彼のすべての発見を、来年の夏に最終決定される新しい基本的な経済政策と改革ガイドラインに統合したい」と彼は言った。

取締役会には、日本で最大の3つのビジネスロビーグループのリーダー、およびZホールディングスの川邊健太郎社長も含まれています。

岸田は金曜日の開会式に出席した。 「これは新政府のマイルストーンの1つであり、メンバーが具体的な結果を達成するために一生懸命働くことを願っています」と彼は言いました。

岸田本雄が議長を務める理事会は、菅義偉前首相の下で立ち上げられた成長戦略に関する理事会に代わるものである。 山木和首相と松野博一官房長官が副大統領を務める。 会談には鈴木俊一財務相、後藤茂之労働相、萩生田経済相が出席する。

READ  日本の 3 兆ドルの銀行のジレンマは、よりリスクの高い賭けに再び焦点を当てる