Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の新首相が物議を醸している靖国神社に申し出を送る

東京(ロイター)-日本の新首相は日曜日に、戦没者を称え、近隣諸国から東京の過去の軍国主義の象徴と見なされている、物議を醸している靖国神社に供物を送った。
岸田文雄氏は、春と秋に行われる半年に一度の神社祭を祝うために、岸田文雄氏が首相として「真坂木」の木を送ったと、神社の広報担当者はAFPに語った。
東京の中心部にある神社は、19世紀後半から亡くなった250万人の戦没者、主に日本人を称えています。
しかし、それはまた、国際戦争犯罪で有罪判決を受けた高位の軍人および政治家を祀っています。
岸田文雄大臣の後藤茂之氏と若宮健嗣大臣(2025年万国博覧会担当大臣)も神聖な樹木を紹介した。
今年の初め、第二次世界大戦での日本の降伏の記念日に、3人の上級大臣が神社に敬意を表した。
しかし、安倍晋三が北京とソウルで怒りを引き起こし、米国の緊密な同盟国からまれな外交的非難を受けた2013年以来、日本の首相はそこに現れていません。
政府高官の神社訪問は、第二次世界大戦中に日本軍の手にかかった国々、特に韓国と中国を怒らせた。
共同通信は、岸田の近くにいる無名の人々を引用して、10月4日に日本の首相になった岸田が月曜日まで続く2日間の秋の祭りの間に神社を訪れる予定はないと報じた。

READ  日本はオリンピック選手の定期検査で健康管理を強化NHKエキスパート東京日本大阪