Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の新首相は選挙に関して支配を楽しんでいます

日本の有権者は、岸田文雄新首相(旧プロフィール)の後、10月31日日曜日に投票に行く予定です。 ニューステイツマン)、選挙と呼ばれる。

現在の世論調査によると、岸田文雄自由民主党(LDP)と保守共和党が結成した連立政権が過半数を維持する可能性が高い。 これは大きな驚きではありません。自民党は1955年以来6年間、日本を除くすべてを統治してきました。

岸田は、1年間の任期中にコロナウイルス感染率の上昇を克服し、2021年の夏季不人気東京オリンピックを監督した前任者の菅義偉よりもわずかに有利な条件で権力を握った。 対照的に、岸田は国を買収しました。 今年の後半には予防接種率が上昇し、感染症は減少しました。

日本の人口の70%は、米国、英国、フランスなどの他の豊かな国に先駆けて、完全にワクチン接種を受けています。 8月に、 ケースはピークに達した 1日あたり23,000以上。 現在、それらは1日400未満です。

日本の有権者は2つの投票用紙を投じます。1つは国会議員用、もう1つは政党名簿用です。 日本の軍事力強化などいくつかの問題については意見が分かれているが、自民党と公明党はほとんどの選挙区で別々の候補者を出しているため、無駄な親政府投票を減らすことができる。 代わりに、通常、各選挙区には複数の野党候補がいます。 それは反政府投票を分割し、自民党公明党の候補者がデフォルトで勝つことが多い。

しかし、今回は方針が変わったようです。 主な野党立憲民主党(CDP)と日本共産党(JCP)を含むいくつかの政党 統合 200以上の地区の候補者は、無駄になる反政府投票を減らすことができます。

しかし、自民党に対して金持ちの賭けをしている人はほとんどいない。

[Listen also: Who is Japan’s new prime minister, Fumio Kishida?]

パートナーからのコンテンツ

優れた気候協力

健康的な会話、健康的な生活

吸入器の標準ソリューション

READ  この研究は、現代日本の遺伝的降下の理解を書き換えます