Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の日経ブームは経済停滞の問題に苦しんでいる

日本の日経ブームは経済停滞の問題に苦しんでいる

過去 12 か月間で日経 225 株価指数が 25% 上昇したことに突然、日本の当局者は頭を悩ませました。

問題は、この過去最高値の背後にある経済状況と東京株価を押し上げている要因とのギャップである 最高水準は 1989 年でした。 好例: 第 1 四半期の GDP は前年同期比 2% 縮小しました。

タイミングが悪かった下方シフトを説明しようとしている経済学者や株価強気派は、現時点ではGDPほど適切な答えを持っていない。 ネガティブに弱い 3四半期連続。 民間建設と設備投資はいずれも横ばいとなっている。

奇妙なのは、日本が背景に記録的な観光ブームが起きており、ホテル、レストラン、ショッピングモール、高速鉄道、遊園地が満員になっていることだ。 これは、極端な円安がなければ、アジア第 2 位の経済がさらに大きな影響を受けることを示しています。

この断絶により、ますます熱意を持って日本に群がる投資家にとって、2024年はますます複雑な年となる。

基本的に、日本がここ 30 年以上で最も力強く台頭するまでには 3 つの段階があります。 1 つ目は、過去 10 年間に施行されたコーポレートガバナンスの強化です。 第二に、ほとんどどこでも地政学的なリスクがある中での安全な避難先の雰囲気です。 第三に、数兆ドルの流動性を市場に注入する超積極的な量的緩和プログラムです。

前者は近いうちに有効期限の問題に直面するかもしれない。 2014 年以降、CEO に昇給を促す取り組み 自己資本利益率取締役会を多様化し、株主により大きな発言権を与えたことは本当に大きかった。

しかし、世界の投資家は最近、「自分にとって何の役にも立たなかった」という考え方で物事を進める傾向にあります。 日本企業の近代化には大胆さや革新性は何もなかった。 これは日本が数十年前にとるべき一連の措置であり、ようやくそれを実行できたことは素晴らしいことだ。 しかし、政策の面では次はどうなるのでしょうか?

支持率はせいぜい20代半ばまで低下しており、岸田文雄首相は新たな改革を実行できる状態ではないようだ。 また、同氏が率いる自民党は、官僚主義の削減、生産性の向上、女性の地位向上などの取り組みを再活性化できる立場にあるわけでもない。 円安により利益が大幅に押し上げられているため、企業はイノベーションや再編、あるいは大きなリスクを取ることへのプレッシャーが軽減されている。

第 2 戦、つまり日本の安全な避難場所は順調に進んでいるように見える。 少なくとも今のところは。 しかし、米中貿易戦争の拡大によりリスクが急速に高まり、日本は危険にさらされるだろう。 日本は成長を促進するために輸出に依存し続けているため、ワシントンと北京で繰り広げられている関税軍拡競争による経済的影響に対して非常に脆弱なままになっている。

3 番目の停止 – ゼロ 日本銀行 価格 – すべての中で最大のワイルドカードかもしれません。 ここで、G7経済が25年間フリーマネースパイラルに陥っていることを心に留めておく価値がある。

日本銀行が初めて金利をゼロに引き下げた1999年に戻ることができると想像してみてください。 2024 年になってもゼロ金利が続くと言われても、経済学者は誰も信じないでしょう。量的緩和が世界の法則となった 2001 年へのタイムトラベルについても同様です。 この経済的生活支援システムは今も私たちに残っています。 日本企業はまだこのままだと信じているようだ。

もちろん、これは上田和夫氏の日本銀行総裁在任中に誰も予想していなかったことであった。 おそらくその中には上田自身も含まれるだろう。 2023年4月、上田氏は前任の黒田東彦氏がやらなかったこと、すなわち金利政策の正常化を始めるため、日本銀行本店に到着した。

黒田は責任を転嫁するというミスを犯した。 2013年から2023年の任期中に、日本銀行は日本市場を事実上国有化した。 現在、発行済み債券の50%以上を保有し、東京株式の主要な買い手となっている。 2018年までに、日本銀行のバランスシートは… 日本のGDP

黒田氏は企業福利厚生史上最大の財産を解き放った。 日銀を主要中央銀行の安全地帯の外にしっかりと押し出したのだから、黒田総裁は出口に向かう前に事態を収拾しようとしただろうと思われるだろう。 いいえ。 悲惨な副作用を伴わずに日本を現金ドーピングから脱却する方法を見つけるのは上田氏に課せられている。

それとも上田は違う道を行くのか? 日本銀行が間もなく金融ガスに達すると本当に期待している人はほとんどいない。 しかし、上田氏は金利をゼロ以下に維持し、量的緩和から撤退するためのあらゆる取り組みを中止する可能性がある。 特に日本は再び景気後退の危機に瀕しており、中国はデフレ圧力を輸出している。

投資家は日経平均株価の力強い上昇(日経平均株価は今年だけで16%近く上昇している)でこの事態がどこに終わるのか疑問に思っているが、彼らには十分な協力材料がある。 過去 10 年間の長年の努力で十分だと思うのであれば、それで十分です。 経営を改善し、革新的な製品で世界を驚かせるビジネスに日本を取り戻すために次は何をすればよいのかと考えている投資家が懸念するのは十分な理由があります。

個人消費は現在4四半期連続で減少しており、「リーマン・ショック」の影響で2009年以来最悪の実績となっている。 輸出は5%減少し、2020年4月から6月にかけて最大の減少となった。 COVID-19(新型コロナウイルス感染症 混沌。 インフレは経済成長を上回ります。

これは日本株の上昇が終わったことを意味するものではない。 しかしそれは、首都圏を沸かせた高揚感がこれまでの経済改善をはるかに上回っていたことを意味する。 2024年が年の半ばに近づき、日本の日経ブームは景気後退という問題に直面している。

READ  TOBANが長距離輸送用の温度ロガーステッカーを開発| オーディオ表記