Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の日経マージンは輸送在庫を押し上げる

東京、8月26日(ロイター)-日本の日経指数は木曜日の取引の弱さで上昇し、トラフィックストックを押し上げ、ウォール街に一夜で影響を与えたが、コビット-19の流行を取り巻く不確実性によって上昇が相殺された。

日経平均株価は0144GMTで27,734.63で0.044%上昇し、幅広いTopixは1,933.88で0.09%低下しています。

「日本の市場は、景気拡大への期待に牽引されて、米国株に支えられています。

米国の3つの主要指数は、S&P 500とナスダックが最終高値に達したため、一晩でセッションを適度に増加させました。

「しかし、流行の方向性と、東南アジアのサプライチェーンシステムや米国の金利への影響など、多くの要因について不確実性が高まっています。」

日本航空とANAホールディングスはそれぞれ2.51%と2.06%上昇しましたが、東京証券取引所の33の業界ベンチマークで航空会社は2.3%上昇しました。

東京と大阪を結ぶ新幹線を運行する東日本旅客鉄道は、0.78%増の0.78%増となった。 東京を拠点とする東日本旅客鉄道は0.93%増加しました。

チップ関連株のSUMCOは3.13%、東京エレクトロンは2.3%、アドバンテは2.45%上昇した。

東芝は、40.5%を所有する日本の半導体企業であるKiaoxia Holdings Corporationの200億ドルの株式について、Western Digital Advancedの交渉中であったとの報告を受けて、0.97%上昇しました。

セブン&アイ・ホールディングスはトピックス30で3.02%を失い、ソニーグループが1.88%を失った。

藤田淳子による報告; Uttaresh.Vによって編集されました

READ  日本の首相の顧問は最低賃金の引き上げを促します