Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の日経平均は 1 週間ぶりに日銀ショックを緩和。 東芝が立ち上がる

[東京 22日 ロイター] – 日本の日経平均株価指数は木曜日、1週間以上ぶりに上昇して取引を終えた。今週初めに日本銀行(日銀)が突然の政策変更を行ったことで投資家が急落した株式を買い戻したからだ。 . .

円が安定の兆しを見せた後、自動車メーカーの株は力強く反発し、不動産セクターは急騰した長期債利回りも落ち着いたため上昇した。

東芝は 4.25% 上昇し、ある時点で 7.61% も上昇しました。地元メディアが、同社の優先入札者であるジャパン インダストリアル パートナーズ (JIP) が今週、106 億ドルの債務を返済する予定であると報じた後です。

10月13日以来初めて前のセッションで26,269.80に下落した後、日経平均株価は0.46%上昇して26,507.87で終了しました。

日銀のタカ派的な動きだけでなく、米国の景気後退懸念も影響したため、ベンチマークの最終日は 12 月 14 日でした。

「日銀の決定は大きな驚きだったが、市場は少しずつそれを消化している。

「年間を通じて、日経平均株価は現在の約 26,500 の水準で変動するが、年明けには米国のインフレと経済見通しに焦点が移るはずだ」

より広範なトピックは、木曜日に 0.78% 上昇して 1,908.17 になりました。

不動産で最もパフォーマンスの高いセクターであるトピックスは2.5%上昇しました。 三井不動産は4.3%高、住友不動産は3.6%高。

輸送機器セクターも際立っており、火曜日に 4.5 か月ぶりの高値を付けた後円が安定したため、1.6% 上昇しました。 円高は海外収益の価値を下げる。

トヨタは1.83%増、日産は2.15%増。

別の主要な輸出業者である任天堂は、1.61%上昇しました。 (Rashmi Aich と Uttaresh VS による編集)

READ  ハリス副大統領と岸田首相との会談の朗読