Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の日経平均利益は2024年半ばまでに3万5000円に達する見通し:ロイター調査

日本の日経平均利益は2024年半ばまでに3万5000円に達する見通し:ロイター調査

2023年6月14日、東京の証券会社の外で日経平均株価を示す電光掲示板を見る人。 ロイター/キム・ギョンフン/資料写真 ライセンス権を取得する

[東京 11月21日 ロイター] – 日本の日経平均株価 (.N225) は2024年も28%以上の上昇を続け、6月末までに30年ぶりの高値となる3万5000ドルに達するとアナリストは予想している。 ロイター世論調査。

回答者全員が継続的な利益成長を予想しており、多くは円安、日銀の超緩和刺激策の終了に近づいていること、米連邦準備理事会(FRB)の引き締めサイクルがピークに達していることによる追い風を予想している。

ロイターが株式ストラテジスト10人を対象に11月10─20日に実施した世論調査によると、2024年半ばまでの日経平均株価の予想中央値は3万5000で、回答範囲は3万1143─3万9500だった。

日本の株式ベンチマークは、3週間の連勝を経て、1990年3月以来の高値となる33,853.46で週をスタートした。

円が1ドル=150円を超える1年ぶり安値まで下落したことで輸出業者の利益見通しが高まり、企業は好調な決算シーズンの影響もあってコスト増を消費者に転嫁したことはほとんど考えられなかった。 流行前。

三井住友DSアセットマネジメント(東京)のチーフマクロストラテジスト、吉川雅之氏は、日経平均株価が6月に3万9500円、2024年末までに4万900円になると予想し、企業投資と消費者需要(特にサービス)の両方が減速すると指摘した。 世論調査で最も好意的な予測。

同氏は「われわれが前向きに考えているのは主に名目GDP成長について楽観的だからだ」と述べた。 「株価がEPSの伸びに関してより良い状況を反映する余地はまだある。」

同時に、吉川氏や他の回答者らは、中央銀行が5月に利下げを開始し、日銀が早ければマイナス金利政策を放棄する可能性があるとの予想を背景に、円は今月初めに1ドル=152円の高値を付けた後、さらに下落する可能性があると述べた。次のように。 年。

これは、世論調査の平均回答によれば、年末時点でも日経平均株価は依然として3万5000円前後で推移しており、来年後半は株価がある程度停滞することを意味している。

シドニーを拠点とするIGのアナリスト、トニー・シカモア氏は最も弱気な​​人物の1人で、2人の予測担当者のうちの1人は来年後半に基準値から3万5000─3万3000ドルの下落を予想している。

シカモア氏は「3万5000ドルというのは、日経平均株価が日銀のマイナス金利政策を解除するのに時間のかかる水準に達すると思われる」と述べた。

同氏は「日経平均は依然として日銀の支援を受けている」と付け加えた。 「しかし、来年初めには彼らはやるべきことをやらなければならなくなり、それは株価にとって良い結果にはならないだろう。」

(ロイター第 4 四半期世界株式市場調査コレクションからのその他の記事:)

Kevin Buckland によるレポート。 藤田純子氏と平田紀之氏による追加レポート。 ラーフル・トリヴェディ氏とプラノイ・クリシュナ氏による追加投票。 編集:アレックス・リチャードソン

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  日本の科学者がAI技術で世界初のメンタルイメージを作成