Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の日経平均株価は、リスク選好が蒸発したため、2 週間の高値から下落しました。

ケビン・バックランド

[東京 20日 ロイター] – 世界的な景気後退への懸念がリスク選好を弱めたため、日本の日経平均株価は木曜日に下落し、前日の2週間ぶりの高値から後退した。

日本の株式ベンチマークは、正午のインターバルで 1.11% 下落して 26,954.15 となり、一時は 26,889.15 まで下落しました。

水曜日には、10月6日以来初めて27,371.38まで上昇しました。 最近、投資家は市場の方向性を判断するために心理的な 27,000 ラインに注目しています。

日経平均株価は 2 日間の上昇を反転させ、地域の同業他社に加わって世界の株式市場を拡大し、米国 S&P 500 を 0.67% 下落させました。

日本の広範なトピックは 0.63% 減の 1,892.98 でした。

利上げが景気後退の引き金となるリスクが高まる中、連邦準備制度理事会(FRB)とその世界の同業者の多くが厳しいインフレと闘う中、投資家は引き続き激しい金融引き締めの見通しに注目しています。

世界の債券市場も低迷し、米国の 10 年物国債利回りが数年ぶりの高水準に達し、米ドルに新たな勢いをもたらし、円は 32 年ぶりの高値である 150 を下回りました。

日本の国債利回りに対する上昇圧力により、先進国の中央銀行の中で唯一、刺激策を継続することを余儀なくされた日本銀行は、市場に参入して利回りを保護することを余儀なくされました。

大和証券の株式ストラテジスト、阿部賢治氏は「米国の利回りが上昇し続ければ、日本株にはもっと余地がある」と述べ、日経平均株価は26,500台に達する可能性があると付け加えた。

「投資家心理は依然として弱い」

日経平均株価は 225 銘柄のうち、184 銘柄が下落、35 銘柄が上昇、6 銘柄が横ばいでした。

エネルギーは、原油価格の上昇で0.86%上昇し、長期金利の上昇が貸出による利益見通しを押し上げたため、0.44%上昇し、インデックスで上昇した唯一のセクターでした。

基礎素材は最もパフォーマンスの悪いセクターで、1.33% 下落しました。

通信および自動車部品のサプライヤーであるフジクラは、5.3%の下落で下落を主導しました。

ユニクロの店舗を運営するファーストリテイリングは、指数ポイントの点で最大の損失であり、2.04% の下落で 60 ポイントを失いました。

半導体製造装置メーカーの東京エレクトロンも 2.85% 下落し、トップパフォーマーでした。 (ケビン・バックランドによる報告)

READ  コワーキングスペース24時間様々な使い方