Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の日経平均株価は、恒大集団、企業、市場のニュースやトップストーリーからの感染の恐れに2%以上落ち込んでいます

東京(AFP)-東京の主要な日経225指数は火曜日(9月21日)のオープンで2%以上下落し、債務に悩まされている中国の不動産大手エバーグランデの予想される崩壊からの伝染の恐れの中でウォール街のスライドを拡大しました。

ベンチマークの日経225指数は、初期の取引で2.07パーセント(630.51ポイント)下がって2,9869.54になり、より広い東証株価指数は2.21パーセント(46.36ポイント)下がって2,053.81になりました。

中国最大の不動産開発業者の1つであるEvergrandeは、3,000億米ドル(4,056億米ドル)を超える債務に陥り、崩壊の危機に瀕しています。

専門家は、中国当局が、他の多くの企業に影響を及ぼし、伝染のリスクをもたらす可能性のある、会社の崩壊の可能性からのフォールアウトを無秩序に封じ込めることができないかもしれないという懸念があると言います。

岡三オンライン証券の伊藤義博チーフストラテジストは、「中国の恒大集団の金融危機による世界市場の敗北に投資家が不満を抱いていることから、月曜日に取引を終えた日本市場を支配すると予想される」と述べた。

同氏は、今週の米連邦準備制度理事会に先立ち、「市場は引き続き変動し、取引量はすでに縮小すると予想されている」と付け加えた。

ニューヨークの109.38円に対し、初期の取引では米ドルは109.45円を記録した。

東京の主要株のうち、新日鐵は3.39%、パナソニックは2.19%、ソニーは0.79%下落した。

ウォール街で一晩、ダウは33970.47で1.8%下落し、幅広いS&P 500は1.7%下落し、ハイテクが豊富なナスダックは2.2%下落しました。

READ  NintendoDirectの間に起こったすべてがここにあります•今夜のEurogamer.net