Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の日経平均株価はNVIDIAポンプで上昇。 テイクプロフィットゲイン (アップデート 1)

日本の日経平均株価はNVIDIAポンプで上昇。 テイクプロフィットゲイン (アップデート 1)


読売新聞資料写真
東京証券取引所

[東京(ロイター)] – 日本の指標となる日経平均株価は、利益確定売りが上げ幅を抑えたものの、ウォール街の一夜の半導体株の上昇に追随し、水曜日の終値は上昇して終了した。

一夜にしてマイクロソフトを抜いて世界で最も価値のある企業となった米国のチップメーカー、エヌビディアの上昇を受けて、日本のテクノロジー株は朝方上昇した。 フィラデルフィア半導体株指数も1%以上上昇した。

日経平均株価は0.23%高の38,570.76ポイントで終了し、Topix指数全体は0.47%高の2,728.64ポイントで終了した。

「先週は欧州の政治リスクに対する懸念があり、日経平均も下落したが、今週に入って米国と欧州の株価は安定しており、エヌビディアの業績は力強い」と述べた。

この組み合わせにより士気が向上したと同氏は述べた。

しかし、水曜日の米国市場が祝日で休場だったため、利益確定売りが午後の日経平均の上昇を限定し、指数をマイナス圏に押し込む場面もあった。

野村證券の株式ストラテジスト、沢田麻紀氏は、先週市場を圧迫していた不確実性の一部が解消されセンチメントは軽くなったものの、指数を押し上げる十分な要因はなかったと述べた。

「慣れやすい環境でした。」

三菱自動車工業株は約9%上昇し、日経平均株価で最大の値上がり者となった。 自動車会社トップは日経新聞のインタビューで、2025年度には18年ぶりに自社株買いを実施し、株主還元を増やす可能性があると示唆した。

マツダ自動車株は3.6%上昇した。

エヌビディアを顧客に含むチップ検査装置メーカーのアドバンテストは4.1%上昇して2番目に大きく上昇し、日経平均の約89ポイントの上昇に57.5ポイントを加えた。

人工知能に焦点を当てた新興企業に投資するソフトバンクグループは1%上昇した。

化粧品会社資生堂株は4.8%下落した。

READ  PS5の在庫-ライブ:ゲーム、AO、カリーズなどからの最新の英国の再入荷ニュース