Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の映画「ドライブ・マイ・カー」がゴールデングローブ賞にノミネートされました

濱口亮介監督の「ドライブ・マイ・カー」が、英語以外の言語でゴールデングローブ賞の最優秀映画賞にノミネートされたことが月曜日に発表されました。

この3時間のドラマは、作家の2014年コレクション「女のいない男たち」の同名の小説家村上春樹の短編小説に基づいています。

今年の英語以外の映画カテゴリの他の候補者は次のとおりです。6号室(ドイツ、ロシア、フィンランド)、神の手「(イタリア)」ヒーロー(イランとフランス)とパラレルマザーズ“(スペイン)。

濱口と脚本家の大井隆正が「」で最優秀脚本賞を受賞私の車を運転する今年のカンヌ映画祭で、ニューヨーク映画批評家協会賞の最優秀映画賞も受賞しました。

英語以外のカテゴリーで昨年のベストムーブメント賞を受賞したのは「脅かされた、アーカンソー州の田舎でアメリカンドリームを追求する韓国移民についての映画。

第79回ゴールデングローブ賞の受賞者は、1月9日の式典で発表されます。

COVID-19ガイドラインに沿って、政府は居住者と訪問者がバー、レストラン、音楽会場、その他の公共の場所を訪問することを選択した場合は注意を払うよう強く求めています。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  米国、日本、中国におけるモバイルIPライセンスの主な違い