Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の景況感は円安と物価圧力の影響を受けた

日本の景況感は円安と物価圧力の影響を受けた

梶本哲史著

東京(ロイター) – 日本の景況感は5月に安定したが、製造業やサービス業企業は円安によるインフレ圧力が利益率を圧迫していると不満を抱いていることが、ロイター月例調査で明らかになった。

最新の調査は、国内総生産(GDP)統計で日本経済が第1・四半期に前年比2%縮小したことが示されてから約1週間後に発表された。

GDPの主要構成要素である経済の半分以上を占める個人消費、設備投資、輸出は内外の需要低迷により急激に落ち込み、第4四半期の日本経済は成長の原動力を失った。

「中国経済の減速により、当社が受ける受注が減少した」と化学会社のマネージャーは調査の中で述べた。

「さらに、円安によるプラスチック樹脂などの原材料価格の上昇、人件費や電気料金の上昇などが利益に影響を及ぼしています。」

ある機械製造会社の経営者は「国内受注は勢いに欠ける。円安や人件費上昇による各種コスト上昇で(顧客は)設備投資の増加に消極的なようだ」と語った。

日銀を注意深く追跡することを目的としたロイター短観調査によると、日本の製造業の信頼感はプラス9で、前月から変わらずだった。 今後 3 か月で若干改善する見込みです。

非製造業のセンチメントは4月の25から+26に上昇し、引き続き自信を深めていることが示されたが、8月には3ポイント悪化すると予想されている。

ロイターが非金融大手493社を対象に実施した調査では、5月8日から17日までの調査期間中に匿名を条件に229社が回答した。

ロイター短観指数は、楽観的な参加者の割合から悲観的な参加者の割合を差し引いて計算されます。 負の数は、悲観主義者の数が楽観主義者の数を上回っていることを意味します。

READ  石油価格が下落するにつれてドルは下落し、ウクライナの交渉はユーロとポンドを押し上げる