Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の最初の緊急事態の間、家庭の二酸化炭素排出量は大幅に変化しませんでした-ScienceDaily

COVID-19パンデミックの初期の数ヶ月で消費パターンが急速かつ大幅に変化したにもかかわらず、日本の家庭は通常のレベルの温室効果ガス排出量を維持しています。 昨年の夏、流行による人間の活動を抑制する「Anthropos」が話題になりましたが、工場の閉鎖とグローバルなサプライチェーンの混乱は、平均的な家族に環境に優しいライフスタイルを採用することにはなりませんでした。

「COVID-19の初期には、身の回りでライフスタイルの変化がすぐに起こることがわかったので、これらのライフスタイルの変化が環境に与える影響を調査することにしました。その期間の他の調査では、生産側の炭酸ガス放出が減少したことが示されましたが、消費者側の排出量を評価する際、2015年から2019年のレベルと比較してあまり変化がないことに気づきました」と東京大学未来イニシアチブ研究所のプロジェクト准教授であるYinLong氏は述べています。 Longは、最近公開された論文の最初の著者です。 1つの土地

専門家によると、世界中の二酸化炭素排出量の半分は、個々の家庭による商品やサービスの消費によるものです。 カーボンフットプリントは、私たちが使用する食品、商品、施設、サービスの成長、処理、輸送に関連する直接的および間接的な温室効果ガス排出量の指標です。

この研究では、研究者は約500の消費項目を検討し、関連するすべての商品とサービスに埋め込まれた炭素排出量を追跡しました。 持ち帰り用の食品、食料品、衣類、電子機器、娯楽、自動車用ガソリン、および家庭用アメニティが含まれています。

環境経済学者のアレクサンドロス・ガスパラトス助教は、「COVID-19期間中であっても、これらの政府統計における長期データ収集の一貫性がその真の美しさであり、過去のパターンと比較することができます」と述べています。 誰が研究を主導したか。 ガスパラトスは、東京大学と東京の国連大学との二重の任命を行っています。

2020年1月から5月までの期間の毎月の家計消費のカーボンフットプリントを、過去5年間の同じ月のカーボンフットプリントと比較しました。 日本では、COVID-19の診断が2月に増加し始め、2020年4月中旬から5月中旬にかけて全国的なCOVID-19緊急事態が宣言されました。

調査チームの分析によると、すべての世帯の2020年の二酸化炭素排出量は、全体としても、さまざまな年齢層にわたっても、主に2015年から2019年の範囲内にとどまっています。

外食に関連する排出物の二酸化炭素排出量は緊急時に減少しましたが、食料品からの排出量は、特に肉、卵、乳製品の購入により増加しました。 衣料品や娯楽に関連する排出量は、緊急時に急激に減少しましたが、緊急措置が終了するとすぐに回復しました。

「この種の自然主義的な経験は、COVID-19パンデミックの初期段階でのライフスタイルの急速で一貫した変化が、家庭の二酸化炭素排出量の重要で持続可能な変化に具体化されなかったことを示しています」とガスパラトスは言いました。

日本の国と地方自治体によって発行された拘束力のない緊急宣言の状態は、人々が懇親会、グループでの外食、および都道府県間の不必要な旅行を制限することを要求しました。 他の国で法的に課されている封鎖と比較して、研究者は、日本に対する最小限の制限は、環境に配慮した家族が自発的に行うかもしれないライフスタイルの変化のより良いモデルである可能性が高いと言います。

「ライフスタイルの変化を脱炭素化を達成するための戦略と見なすと、それが自動的に環境上の利益につながるとは限らないことがわかります。自家用車など、より排出量の多い家庭の要件に焦点を当てた多くの努力と公教育が必要になります。 、使用、スペースおよび給湯」と彼は言った。ガスパラトス。

「COVID-19が起こったときに工場は閉鎖されましたが、消費者の需要は同じままだったので、これらの需要を満たすために工場が再開されました。国連の持続可能な開発目標に書かれているように、消費者と生産者は持続可能なライフスタイルを達成する責任を共有する必要があります」と彼は言いました。 。長い。

READ  スキタ: ロックミュージックの資産を捉えた日本人写真家