Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の最新のユニコーンはタイのモバイル決済会社です

(ブルームバーグ)-モバイル決済ゲートウェイプロバイダーのOpenは、先月の1億2,000万ドルの資金調達ラウンドで、10億ドル近くの価値があり、日本でも数少ないユニコーンの1つとなっています。

以前はオミセとして知られていた東京を拠点とする会社は、別のアジアの国であるタイへの早期参入のおかげで成功の多くを負っています。 現金取引に大きく依存していた2013年に市場に参入した同社は、中小企業のデジタル変革を支援し、主要なネットワークオペレーターに自社のテクノロジーを採用させることで、モバイル決済の大きなシェアを獲得したと語った。

シリーズC+の資金調達は、ベンチャーキャピタルが業界の急激な落ち込みに備えているときに、日本のスタートアップにとってまれな成功を表しています。 JICベンチャーグロースインベストメンツとマーズグロースキャピタルPteがラウンドに参加し、日本最大の銀行である三菱UFJフィナンシャルグループは、同国の商務省が主催するローン保証プログラムの一環として約3,800万ドルを提供することに合意しました。

Opnの共同創設者兼CEOであるジョン・ハセガワはインタビューで、「現在の優先事項は、製品ラインを開発し、既存および新規市場の両方でプレゼンスを拡大することです」と述べています。 「私たちは常にビジネスを成長させる方法を考えていますが、後で私たちの選択肢には、グローバルなリーチを拡大するためのグローバルな公募が含まれる可能性があります。」

Opnは、マーチャントがモバイルデバイスまたはデスクトップデバイスのWebサイトで支払いを設定するのに役立つソフトウェアを設計しています。 その最大の市場は、長谷川の共同創設者であるエズラ・ドン・ハレンソットの本拠地であるタイです。 同社のクライアントには、タイで最大の通信コングロマリットの1つであるTotal Access CommunicationPublicCoが含まれます。 、またはDTAK。

スタートアップは資金調達を使って、ベトナムやフィリピンなどの新しい市場にサービスを拡大する予定です。 Opnは現在、日本とタイを除いて、シンガポール、マレーシア、インドネシアで事業を展開しています。 長期的には、長谷川は、米国とヨーロッパの経済を含む少なくとも36の主要国でオープンサービスを利用できるようにすることを目指しています。

「私たちはすべての主要国に足跡を残したいと思っています」と長谷川氏は語った。

モバイル決済の競争が激化しているにもかかわらず、長谷川氏は、東南アジア市場でのOpnの長年の経験と、複雑な地域の規制に適応する能力が、競合他社よりも優位に立っていると述べています。

世界的な大流行を受けてデジタル決済を選択する消費者が増えるにつれ、収益は2019年以降毎年倍増しており、Opnは年間1億件の取引に到達しています。 同社は詳細な収益数値を開示しなかった。

しかし、長谷川は彼のプロジェクトで常に成功したわけではありません。 2017年に、彼は最初のコインオファリングを通じて2500万ドルをもたらしました。これは、その年に流行した規制されていない販売です。 当時の彼の会社は暗号通貨を使用した支払いを促進しており、OmiseGoトークンは一度に20億ドル以上の価値がありました。 彼らは市場の暴落で急落し、同社は2020年12月にOmiseGoを放棄しました。

「過去の失敗から多くのことを学び、いつも必要なサービスを考えさせられました」と長谷川氏。 現在、「私たちはグローバルな金融インフラストラクチャの構築に強い憧れを抱いています。それが私たちが目指していることです。」

©ブルームバーグLP2022

READ  石油が100ドルに向かって競争する中、インド、米国、日本はOPEC +にそれで十分だと言っています