Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の最高の健康コンサルタントは、約2週間の厳格なCOVID-19対策を望んでいます

コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生する中、安全マスクを着用した従業員が、東京2020オリンピックの第2回オリンピック火炎放射器の前に社会的距離標識を掲げています。 日本、2021年8月7日。フーン

東京、8月12日(新華)-日本の最高の健康顧問は木曜日に東京と他の場所でのCOVID-19症例の増加に対処するために約2週間の厳しい緊急措置を要求していると言いました。

尾身茂氏は記者団に対し、流行は自然災害として扱われるべきであり、蔓延を検出して管理するために検査を強化すべきであると語った。

東京オリンピックの終了からわずか数日後、首都は木曜日に4,989件の新しい毎日の症例を記録し、先週記録された5,042件からわずかに減少しました。 重度の症状を示す新しい患者の数は、1日最大218人に増加しました。

その証拠はありません オリンピック 日本では症例数が直接増加しましたが、スポーツの専門家は、流行が人々にコントロールを緩和するように促した可能性があると警告しています。

日本は日本ですか ワクチン 1日100万人以上の人々がいますが、多くの主要経済国は依然として人口の予防接種に遅れをとっています。

東京はすでに非常事態宣言であり、流行の4番目であり、一部の専門家はそれが全国に広がるべきであると言っています。 木曜日、大阪西部で合計1,654件の新規症例が報告された。 続きを読む

近江氏によると、病院のベッドは、主に40代と50代の患者で急速にいっぱいになっているという。 彼は、当局は7月に人間の移動を平均50%に減らすことによって、感染の連鎖を断ち切るように努めるべきだと述べた。

彼のコメントは、木曜日の東京での流行が制御不能になったと述べた別の専門家パネルの見解を反映した。

小池百合子知事のパネルは、「新たな陽性例が急増しており、状況は制御不能になっている」と述べた。

小池氏は、病院が質の高い医療サービスを提供できないように、政府19の普及を遅らせるために、旅行を避けて家にいるよう住民に促した。

東京のロッキー・スウィフトとティム・ケリーによる報告。 マークハインリッヒによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  日本で静かにリリースされたSonyXperia10 III Lite:ストレージが半分失われ、eSIMが獲得されました