Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の月着陸船が月面を再活性化

日本の月着陸船が月面を再活性化

日本初のロボットによる月へのミッションは、小型着陸船として継続し、電源の問題を克服し、機首着陸後に月面での活動を再開する。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月着陸船SLIMは1月20日に月への着陸に成功し、日本は月面着陸を行った5番目の国となったが、ロボットの太陽電池は発電しなかった。

着陸直前に着陸船から展開された2台の探査機から送信された写真で問題が明らかになった。 SLIM は着地脚ではなく機首で着地したように見えます。

日本は月面着陸に成功した5番目の国となった

JAXAによると、着陸機の2基のエンジンのうち1基が接地前に故障したことにより、切羽プラントへの着陸が発生したという。 それはミッション終了の瞬間だったかもしれないが、そうではなかった。

日曜日に、SLIM は再び電源を投入され、マルチバンド カメラ (MBC) を使用して月からの画像を送信し始めました。 JAXAは、SLIMが月面で撮影したいくつかの物体に名前を付けており、その中には同機関が「トイプードル」や「セントバーナード」と呼んでいる岩層も含まれる。

JAXAは「昨夜SLIMとの通信が正常に確立され、運用が再開された」と発表した。 「MBC ではすぐに科学観測が始まり、10 バンド観測の最初の光が得られました。この図は、マルチバンド観測における「トイプードル」を示しています。」

月の周回軌道を周回しているNASAの探査機が先週末、月面にスリムを発見した。 月偵察オービター(LRO)は、着陸後にテオフィラス・クレーター付近に小型ロボットが単独でいる様子を写した写真を送り返した。

ツイートの取得中にエラーが発生しました。 削除された可能性があります。

JAXAは、LRO画像はミッションの主な目標である正確な着陸ゾーンの確認に役立ったと述べた。

READ  日本の6月の熱波は暑い日となり、電力供給にとって重要な時期になります