Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の月着陸船の運命は不確かだ

日本の宇宙機関は金曜日、ロボット宇宙船が月面に穏やかに着陸したが、太陽電池パネルが発電しておらず、宇宙船はバッテリーに頼らざるを得なくなったと発表した。

宇宙航空研究開発機構の国永均長官によると、着陸船の設備のほとんどは稼働しているという。 同氏は、着陸船が地球に接触したことは、墜落していない証拠だと述べた。

同氏は宇宙船が月面に着陸してから約2時間後の記者会見で、「軟着陸は成功したと信じている」と述べた。

太陽電池が発電しない理由は明らかではありません。 国永氏は、発電が始まるという「希望はあった」が、もし発電しなかったとしてもバッテリーは「数時間」しか持たない、と語った。

着陸成功により、日本は宇宙船を月面に正確に着陸させる技術をテストするためのミッションで月面に着陸した5番目の国となった。

誰も乗っていないこのミッションは、最終的に宇宙飛行士を月に帰還させる取り組みであるアルテミス計画でNASAと提携している宇宙機関にとって重要なショーケースとなった。 中国が宇宙大国として台頭する中、日本も宇宙での実力を実証したいと考えており、月をその野心の中心に据えている。

日本の宇宙船「SLIM」(月面調査用スマートランダー)は、カメラとセンサーを使用して配送トラックのサイズと精度に着陸します。 探査機のカメラは月面の写真を撮影し、「例えば探査機が直接着陸した場合に非常に危険な大きな岩」を探すように設計されている。

比較的広い範囲を着陸対象とする他の月着陸船とは異なり、日本のミッションはわずか100メートル(約328フィート)のエリアに着陸するように設計されている。 探査機は地上の写真を撮影することで着陸地点まで誘導され、その写真は搭載コンピューターによって処理され、その画像と以前のミッションで周回衛星が撮影した地図とが比較される。 宇宙機関は放送の中で、地形の写真に基づいて、宇宙船は「実際に地表のどこにあるのかを非常に正確に特定できる」と述べた。

特に NASA やその他の宇宙機関が月の南極をターゲットにしているため、月面への正確な着陸は重要です。月の南極では、永久に影になっているクレーターには氷の形で水が含まれています。 「極地で持続可能な水資源探査を可能にする潜在的な場所は、非常に狭い地域に限定されている」と宇宙機関は声明で述べた。

日本の自律着陸シーケンスは、燃料切れになりかけたシャトルをニール・アームストロングが手動で制御し、地上の安全な場所まで誘導したことで有名な、1969年のアポロ11号ミッションとは著しく異なっている。

SLIM 宇宙船には 2 台の小型探査機が装備されており、タッチダウンの直前に射出される予定でした。 1つは野球ボールほどの大きさで、着陸シーンを撮影するためのカメラが装備されている。 地表に出ると、カメに似た別の形状に変形し、車輪を使って移動します。 別の小型探査機が地表の周りを跳ね返り、宇宙船の周囲の地形を探索できるようにします。 彼らの状況も不明である。

このミッションは、NASAと協力するピッツバーグに本拠を置く企業による月面着陸の試みが失敗した数日後に行われた。 AstroBotic が建造した宇宙船は、月に向かう途中でロケットから打ち上げられた直後から燃料漏れを始めました。 しかし、それは宇宙の奥深くまで移動し、将来のミッションで使用することを期待している貴重なデータを同社に提供しました。

しかし来月、ヒューストンに本拠を置く宇宙会社インテュイティブ・マシーンズは、独自の着陸を計画している。 成功すれば、50年以上ぶりに月面に穏やかに着陸した米国の探査機となり、月面に着陸した初の商用車となる。

今年後半、中国はサンプルを地球に持ち帰るために探査機を月の裏側に着陸させる計画を立てている。 このミッションは、中国にとって月の裏側への2度目の着陸となった。 2019年、中国は月の裏側への着陸に成功した唯一の国となった。 2020年、中国の宇宙船が月面からサンプルを持ち帰った。

READ  日本の首都の消費者物価は2014年以来最速のペースで上昇している